Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > 大気環境 > 揮発性有機化合物(VOC)対策 > ガソリンべーパー対策(ORVR車の普及に向けて)

ここから本文です。

 

掲載日:2016年12月9日

ガソリンベーパー対策(ORVR車の普及に向けて)

皆さんは、ガソリンベーパーという言葉を知っていますか?

ガソリンベーパーは、自動車を利用する私たちにとても身近な、大気汚染の原因になる物質です。

ガソリンベーパーベーパーとは

ガソリンベーパーとは、ガソリンが蒸発して気体となった蒸気(Vapor)のことで、ガソリンスタンドで自動車へ給油する時に出るにおいの正体です。

給油時だけでなく、走行時や駐車時にも自動車から大気中に放出されています。

ガソリンベーパーは揮発性有機化合物(VOC)※1の一種であり、PM2.5(微小粒子状物質)や光化学スモッグの原因にもなることから、大気への排出を抑制していく必要があります。

※1 揮発性有機化合物(VOC)とは、蒸発しやすく、大気中で気体になる有機化合物の総称です。ガソリンベーパーの他にも、トルエン、キシレン、酢酸エチルなどがあります。  

 

ガソリンベーパー対策に効果的なORVR車

ガソリンベーパーの大気への排出を抑えることができるのでしょうか。

その対策方法の一つに、「ORVR車※2の使用」が挙げられます。

ORVR車は、従来車よりも大型のガソリンベーパー回収装置を搭載することで、大気への放出を抑制する自動車のことです。

ORVR車は給油時・走行時・駐車時のあらゆる場面でガソリンベーパーを回収するだけでなく、自動車の燃料として再利用することができます。

なお、米国では2006年以降、すべての乗用車にORVRの装着を義務付けています。

※2 ORVRとは、車搭載型燃料供給時蒸気回収装置(Onboard Refueling Vapor Recovery)のことです。

埼玉県の取組

県では、近隣都県・政令市(九都県市)と連携して、このORVR車の早期普及に取組んでいます。

知事ブログ「ガソリンベーパー」

平成26年11月18日の知事ブログに、ガソリンベーパーに関する話題があります。詳細は、以下のページの11月18日をご覧ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/room-taiko/room-taiko-2611.html

ORVR車の早期普及に向けて

国内でORVR車を早期普及させるためには、道路運送車両法に基づく保安基準など法令の改正が必要不可欠であることから、平成26年11月に九都県市として国へORVR車の早期義務付けを要請しました。

その他にも、様々な啓発・情報発信を行っています。

詳細は、以下の関連リンクをご覧ください。取組内容以外にも、ガソリンベーパーやORVR車について動画などでわかりやすく紹介しています。

お問い合わせ

環境部 大気環境課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

電話:048-830-3057

ファックス:048-830-4772

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?