Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 新型コロナウイルス感染症総合サイト > 新型コロナウイルス感染症に関する知事メッセージ > 「いのちを守るSTAYHOME週間」1都3県共同キャンペーンに関する知事コメント

ここから本文です。

 

掲載日:2020年4月23日

「いのちを守るSTAYHOME週間」1都3県共同キャンペーンに関する知事コメント

    このたび、「いのちを守るSTAY HOME週間」について、1都3県で共同キャンペーンを実施するにあたり、下記のとおり、知事のコメントをお知らせいたします。

 4月7日に国から発出された「緊急事態宣言」の下、1都3県が緊急事態措置を講じてから2週間が経過いたします。

 この間、感染拡大の防止に向け、人と人との接触機会を8割減らすべく、都民・県民の皆様、事業者の皆様には徹底した外出自粛や施設の休業等をお願いしてまいりました。皆様のご協力に深く感謝を申し上げます。
 皆様のいのちを守り、家族や大切な人を守るためには、まさしく今が正念場であり、特に今週末から迎える大型連休期間中の取組が非常に重要となります。
 1都3県では同じ危機意識の下、一刻も早く事態の収束を図るため、このたび、4月25日から5月6日までを「いのちを守るSTAYHOME週間」として、企業・住民の皆様に連続休暇の取得などによる通勤の徹底的な抑制やこれまで以上の外出自粛への更なるご協力をお願いすることとしました。
 一人ひとりの行動の積み重ねが大きな力を生み出します。
 私たちも連携し全力で取り組んでまいりますので、皆様のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。

 埼玉県知事 大野元裕
 東京都知事 小池百合子
 千葉県知事 森田健作
 神奈川県知事 黒岩祐治 

 

「いのちを守るSTAY HOME週間」概要(PDF:220KB) 
 埼玉県を含む一都三県では、4月25日から5月6日までを「いのちを守るSTAY HOME週間」と定め、家で過ごすことを促しています。 

 《企業のみなさまへ》 
 連続休暇やテレワークの推進で徹底的に通勤抑制を!

 《県民のみなさまへ》 
 これまで以上に外出の自粛を!
 ✔ 必要な買い物はなるべくお1人で!
 ✔ レジャー・旅行・帰省は控えよう!  

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部 企画総務課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?