ホーム > 労務管理・セキュリティ

掲載日:2021年6月4日

ここから本文です。

労務管理・セキュリティ

テレワークを行う上での問題や課題として、多くの企業が「労働時間の管理」、「進捗状況などの管理」、「情報セキュリティの確保」を挙げています。また、「業績評価」や「安全衛生管理」についての不安も少なくありません。

このようなテレワークの問題や課題を解決するためには、関係規程の整備、従業員への説明や教育、ICTツールの活用などが必要になってきます。

テレワークにおける適切な労務管理のためのガイドライン(別ウィンドウで開きます)

厚生労働省が作成したガイドラインです。
労働基準関係法令や労働安全衛生法の適用に関する留意点、長時間労働対策などがまとまっています。

テレワークモデル就業規則~作成の手引き~

厚生労働省が作成したモデル就業規則です。

テレワークセキュリティガイドライン 第5版(別ウィンドウで開きます)

総務省が作成したガイドラインです。
チェックリストとしても使えるセキュリティ対策のポイント一覧やトラブル事例とその対策などが掲載されています。

中小企業等担当者向けテレワークセキュリティの手引き(チェックリスト)(第2版)(別ウィンドウで開きます)

総務省が中小企業等の担当者を対象に作成した手引きです。
中小企業等の担当者がテレワークを導入し、利用を進めるに当たり、中小企業等が考慮すべきセキュリティリスクを踏まえ、実現性が高く優先的に実施すべきセキュリティ対策を具体的に示しています。

お問い合わせ

産業労働部 多様な働き方推進課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話番号:048-830-3963

ファックス:048-830-4821

メニュー