ホーム > テレワークモデル企業 > 株式会社ユニファイジャパン(さいたま市浦和区)

掲載日:2020年7月28日

ここから本文です。

株式会社ユニファイジャパン(さいたま市浦和区)

企業概要

 

名称 株式会社ユニファイジャパン
業種 その他サービス業
業務内容 廃棄物処理に関する管理業
所在地 さいたま市浦和区
従業員数 11人(男性6人、女性5人)
URL https://www.unify-j.co.jp

感染症対策としてテレワーク導入を決めたきっかけ

新型コロナウィルス感染症拡大により、時差出勤や従業員に社有車を貸与し通勤させるなど会社として対策を行っていましたが、4月7日の政府による緊急事態宣言に伴い更なる感染症対策として特に公共交通機関で通勤する従業員の安全を確保するためテレワークの導入を決めました。

具体的な取組内容

契約している経理ソフト会社のリモートシステムのツールを採用。自宅のパソコンから会社のパソコンを遠隔操作。普段会社にいるのとほぼ同じ状況で会社内のパソコンを操作することができます。全てのネットワーク通信にはSSLの暗号化通信を採用しておりセキュリティ面も安心です。
また、WEB会議のツールを利用して、テレワーク中の従業員と定期的にミーティングを行っています。

取組の効果 

電車、バスなどの公共交通機関で通勤している従業員の新型コロナへの感染リスクが軽減され、ストレスが少なくなりました。また、今までは小さい子供が病気の場合、看護などで休む必要があった女性従業員なども、今後リモートワークという選択肢ができ、在宅で仕事ができるので会社にとっても良いことだと思います。さらに、これからの従業員の新規採用についても、この制度が会社のアピールポイントになると思っています。

テレワーク利用者の声(経理担当社員)

実施した業務

自宅のパソコンから会社内のパソコン内の業務システムを遠隔で操作し、主に経理ソフトを使用した経理業務、取引先業者への毎月の支払や入金管理等を実施(売上、仕入伝票の作成や請求書の発行、電子請求の登録等)
WEB会議の機能を利用して、社内のミーティングにも自宅から参加

感想

自宅のパソコンから遠隔で操作をすることができるので、社内にいるのと同じように仕事を進めることができ、特に不便に感じることはありませんでした。実際にテレワークを行ってみてデータの入力や作成は自宅で集中して行うことによって、より短時間で作業することができたと感じました。
一方テレワークでは個々が自宅で作業をするため、どうしてもコミュニケーションを取る機会が減少してしまいます。WEB会議の活用や連絡を密に取り合う等、意識をしてコミュニケーションを取る機会を増やすことが大切だと思いました。
今後も感染症対策以外にも育児や介護で出勤が困難な場合や多様な働き方の一つとして、テレワークの選択肢が広まれば良いと思います。

経営者・管理職からのメッセージ

仕事をするコバトン

株式会社ユニファイジャパン 代表取締役 鈴木 純一 様

当社では今までテレワーク導入について検討してきませんでしたが、緊急事態宣言をきっかけとして新型コロナウィルス感染症対策としてツールを準備しテレワークを開始しました。テレワークを実施するにあたりセキュリティについて特に注意しております。
細かな課題はありますが、今のところスムーズにテレワークができているので、新型コロナが終息した際にはテレワークと会社に出社して行う仕事のバランスを取りながら、今後更に従業員が働きやすいしくみを構築していきたいと思っております。

お問い合わせ

産業労働部 多様な働き方推進課 働き方改革・テレワーク推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話番号:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

メニュー