ホーム > テレワークモデル企業 > 大陽ビニール工業株式会社(さいたま市岩槻区)

掲載日:2020年8月5日

ここから本文です。

大陽ビニール工業株式会社(さいたま市岩槻区)

企業概要

 

名称 大陽ビニール工業株式会社
業種 製造業
業務内容 塩化ビニールの製造加工業
所在地 さいたま市岩槻区
従業員数 42人(男性33人、女性9人)
URL https://taiyovinyl.co.jp/

感染症対策としてテレワーク導入を決めたきっかけ

新型コロナウイルスにより、世界各国でロックアウトや日本でも外出自粛が行われ、新たな生活様式が求められています。弊社でも従業員の安全確保を第一に考え、多様な働き方・価値観を容認し、生産性の向上や業務の効率化を図り、より良い職場環境作りに努めたいと思い、テレワーク導入を決めました。

具体的な取組内容

クラウド型の会計ソフトを導入し、出社しなくても経理の業務をテレワークでできるよう整えました。
・取引銀行口座の入出金を仕訳
・請求書作成
・領収書発行
・売買帳作成
・未払伝票作成
・支払表作成

取組の効果

公共交通機関での通勤に不安があり、また、業務を在宅でできるか心配でしたが、実際に取り組むと通勤にかかっていた移動時間がなくなり、また、時間を自己管理できるようになったことから業務を効率的に遂行することができました。

テレワーク利用者の声(経理課社員)

大陽ビニール工業

実施した業務

・取引銀行口座の入出金の仕訳
・請求書作成、領収書発行、売買帳作成、未払伝票作成、支払表作成

感想

思っていたより業務に集中することができ、出社時にテレワークで必要な資料を確保できれば業務自体は問題なく行うことができました。これからの時代、育児や介護など働き手のニーズに合わせた柔軟な働き方として、また、今回のような感染症や災害時の対策として、とても有意義なものであると思いました。何より、電車・バスでの通勤に不安を感じていたので、テレワークを行うことで少しでも不安が解消され、目の前の仕事に集中することができ、良かったと思っています。

経営者・管理職からのメッセージ

仕事をするコバトン

大陽ビニール工業株式会社 代表取締役 西原 忠載 様

テレワーク緊急導入奨励金が決まり、テレワークを始める大きな一歩となりました。このような機会を頂きありがとうございます。
弊社は製造業なので、テレワークをできる者が限られていますが、今後も取組の一つとしてテレワークの導入に力を入れていきたいと思います。
新型コロナウイルスの影響で先行きが不透明ですが、従業員の健康を第一に邁進して参りたいと思います。

お問い合わせ

産業労働部 多様な働き方推進課 働き方改革・テレワーク推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話番号:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

メニュー