ホーム > テレワークモデル企業 > 株式会社ニッケンホールディングス(戸田市)

掲載日:2020年8月25日

ここから本文です。

株式会社ニッケンホールディングス(戸田市)

企業概要

 

名称 株式会社ニッケンホールディングス
業種 不動産業
業務内容 不動産取引業・グループの経営戦略策定経営企画及びそれに付帯する業務
所在地 戸田市
従業員数 82人(男性54人、女性28人)グループ全体
URL https://nikken-holdings.co.jp/

 

ニッケンホールディングス写真

感染症対策としてテレワーク導入を決めたきっかけ

 新型コロナウイルスなど事業継続上の脅威への備えとして、非常災害時等の事業継続の確保として迅速な対応が必要。
また、育児・介護などと両立をするため時間制約のある社員に対してなど、多様な働き方によるワークライフバランスの向上が必要である。

具体的な取組内容

在宅勤務
 5月13日~5月末日まで、週1回在宅勤務、在宅でも可能な業務の実施。

ネットワーク環境の整備
 共有サーバーを社外からも接続できるように設定し、利用方法マニュアル作成し共有。

ITツール利用<グループウエアの活用>
 グループウエア(サイボウズOffice)の未使用機能であった「報告書」「ワークフロー」「プロジェクト」の利用マニュアルを作成し、提案、開示、利用予定。

ITツール利用<コミュニケーションツール>
 ビジネスチャットツールChatworkのトライアル

Web会議利用
  Zoomによるグループ会社と連携して試行、Zoom、Chatwork、BellFaceなどを利用して関係企業、グループ会社との会議に利用、また、セミナー参加で利用。

リモートデスクトップのトライアル
 リモートデスクトップのSplashtop Business ProとChromeリモートデスクトップのトライアル実施、また、リモートデスクトップSecureRemoteDESKTOPのスマホによるトライアル実施。

会議室利用
  3密回避を目的とした事業所内で分散させた会議室運用。

取組の効果

グループウエアであるサイボウズOfficeですが、未使用機能が存在し利用できる可能性が見え、今回活用への方向となりサイボウズの活用の幅が広がった。それに加え、利用していなかった方々も利用するようになった。
・グループ会社との連携でWeb会議のトライアル実施した効果として、Webにて打ち合わせをするなど利用するようになった。

テレワーク利用者の声(経営企画本部 K氏)

実施した業務

・業務資料作成
・人事関連ソフトの調査
・公的助成金調査と申請準備、資料作成
・助成金相談会への出席
・メールチェック
・電話対応

感想

自宅での勤務を実施し、時間配分が開始当初はつかみづらかった。
個人情報等資料の持ち出しに制限があるため、自宅での業務で詳細にこなすことは難しく感じた。
一方で、来客や電話対応がないため、作業が中断されることなく一定の業務はこなせたと感じた。
今後自社にて導入をする際には、多様なツールを使用することでより充実した業務を行えるのではないかと思う。

経営者・管理職からのメッセージ

仕事をするコバトン

株式会社 ニッケンホールディングス 経営企画本部 黒井 英樹 様

2018年から経営全体を各グループ経営からホールディングス体制へと大きく変更致しました。弊社ホールディングスグループは中小規模企業の事業体かつ不動産業・建設業といった旧体質が残る事業体でしたが、今回新型コロナウイルス感染症を機に「私達でもできるツールの活用」で少しずつではありますが、事業効率化に寄与できたと確信しています。
自宅でのテレワークだけがテレワークではなく、今後ホールディングスの各社を利用したサテライトオフィスなども大いに検討していきたいと考えております。中小規模の事業体でもうまく制度を活用することにより、実施は可能だと確信しております。

お問い合わせ

産業労働部 多様な働き方推進課 働き方改革・テレワーク推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話番号:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

メニュー