ホーム > テレワークモデル企業 > 株式会社ハーベス(さいたま市浦和区)

掲載日:2020年8月14日

ここから本文です。

株式会社ハーベス(さいたま市浦和区)

企業概要

 

名称 株式会社ハーベス
業種 製造業
業務内容 特殊潤滑剤・フッ素関連製品等の製造及び販売
所在地 さいたま市浦和区
従業員数 151人(男性90人、女性61人)
URL https://www.harves.co.jp/

感染症対策としてテレワーク導入を決めたきっかけ

緊急事態宣言の発出をきっかけとして、企業として感染拡大を防止し、従業員の健康を守る必要があり、その状況下で事業を継続していくための手段としてテレワークの導入を決めました。

具体的な取組内容

各部門で業務に支障のない範囲で交代勤務等を行いました。
・ビデオ会議
・クラウドでの経費精算
・VPNによるグループウェアの使用

取組の効果

・感染症のリスク回避
・移動時間の削減
・集中度アップによる作業時間の短縮
・ライフワークバランスの向上

テレワーク利用者の声(総務人事部社員)

実施した業務

・VPNによるグループウェアの使用
→電子メールよる各拠点との連絡、業務のやり取り
→ライブラリー機能(ドキュメント共有機能)を利用した情報、ファイルの更新、閲覧
→スケジュール管理機能を利用した、各拠点のメンバーのスケジュールの閲覧、把握
→ワークフローシステム(電子決済)機能を利用した購入伺い、貸与品の申請
→本社の会議室や設備貸出の予約状況の確認、管理
・社内改善提案の受付、登録業務
・社内報記事作成

感想

・テレワークを行ったことにより、普段通勤時に利用している公共機関は密の状態であるため、通勤時のリスクを軽減できたことは非常に良かった。
・会社から貸与されたノートパソコンを使用したが、家でのネット環境も安定しており、会社で使用している際と処理スピードも変わることなく、業務ができた。
・部署柄、今後100%テレワークにすることは難しいと思われるが、逆に週2~3日であれば、問題なく業務ができることがわかったので、今後も可能な限りテレワークを積極的に活用していきたい。

経営者・管理職からのメッセージ

仕事をするコバトン

株式会社ハーベス 財務経理部部長 五十嵐 様

 

政府から緊急事態宣言が4月7日に発令されて、当社も4月8日からテレワーク・時差出勤を本格的に実施しました。どこもそうだと思いますが、急だったこともありシステムの対応、規定などの社内整備が追い付かずに、テレワークをおこなえる部署とおこなえない部署が出ていました。
第2波や新たな感染拡大に備えるため、またはテレワークも多様な働き方として今回のことをきっかけに整備していけなければと思います。
アドバイザーの方に来ていただき様々な意見が聞けてクリアすべき課題が見えたので良かったと思います。

 

お問い合わせ

産業労働部 多様な働き方推進課 働き方改革・テレワーク推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話番号:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

メニュー