ホーム > テレワークモデル企業 > 朝日大島グループ総合保険サービス株式会社(加須市)

掲載日:2020年8月19日

ここから本文です。

朝日大島グループ総合保険サービス株式会社(加須市)

企業概要

 

名称 朝日大島グループ総合保険サービス株式会社
業種 金融・保険業
業務内容 保険の販売
所在地 加須市
従業員数 4人(男性1人、女性3人)

感染症対策としてテレワーク導入を決めたきっかけ

・従業員の安全確保を最優先に考えたため。
→当社は従業員の平均年齢が高く、コロナウィルス感染症による悪化リスクが高いとの報道もあったことから、感染リスクを最小限にするための対策を検討し、人との接触を抑えるテレワークを採用するに至った。
・家族の介護が必要な従業員がいるため。
→責任者として対応を検討していたところ、テレワーク導入奨励金の話を知り、アドバイザーの方のご支援を受けられることも心強かった。

取組の効果

・在宅ワークルールについて
→従業員の理解を得られたこともあり、スムーズに在宅ワークへと移行ができた感がある。新型コロナウイルス感染症防止対策だけではなく、働き方改革や自然災害対策を含んだ取組であることを共有できたことで、BCPの発展につながると考えている。
・Zoomについて
→取引先等でもZoomを使用しており、新しい営業活動につながった。

テレワーク利用者の声(事務・業務管理担当:贄田早央里氏)

実施した業務

・長期契約一覧表作成
・長期契約のお客様への契約内容確認コール
・明細仕分け作業
・入電対応 

感想

・外出をしない分、時間を気にせず作業に集中できた。
・集中して作業できた分、普段よりも作業時間が短縮できた。
・オフィスよりも大きいデスクを使用できたので、効率良く業務を行なえた。
・同居の義母が安心した様子で過ごしているように見え、自分自身も安心した。
・普段使用している資料(年令早見表等)の用意を失念してしまい、通常よりも手間がかかってしまった。

経営者・管理職からのメッセージ仕事をするコバトン

朝日大島グループ総合保険サービス株式会社 代表取締役 三枝 直 様

テレワークは大企業や特定の業種が行う働き方だと考えておりましたが、我々のような小さな会社でも業務内容の見直しから取り掛かり、在宅でできる業務を選定することでテレワークが可能となりました。まだ始めたばかりではありますが、弊社にとっては大きな1歩となっております。
きっかけはコロナウィルス感染症予防対策ではありますが、今後の展開に目を向ければ、Webによる営業活動や通勤時間短縮による従業員のライフワークの充実に資することで働き方改革につながると考えております。さらに、台風や積雪等で出退社時の交通機関に混乱が生じるケースや災害時の利用など、通常、企業の生産性が落ち込む状況においても生産性を落とすことなく、むしろ向上となる企業活動ができることを期待しております。
実施者の感想にも記載がございますが、業務準備による課題が生じた一方で、業務効率アップによる生産性の向上、テレワークで在宅していることのご家族への安心感といった点は、本取組の大きな成果であると思います。
まだ手探りの状態ではありますが、この機会をきっかけに、よりよい企業へと発展していきたいと考えております。

お問い合わせ

産業労働部 多様な働き方推進課 働き方改革・テレワーク推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

電話番号:048-830-3960

ファックス:048-830-4821

メニュー