ここから本文です。

掲載日:2021年4月28日

学校法人三井学園武蔵浦和日本語学院

取組項目:テレワーク制度の導入・拡大

12urawanihongo1   12urawanihongo2

取組のポイント

○在宅勤務規程の作成、就業規則(変更)届の提出

○テレワーク制度導入に伴う運用ルールを設定

○テレワーク制度導入による業務効率化

具体的な取組内容

○在宅勤務規程の作成、就業規則(変更)届の提出

・子供の突発的な病気、介護などにも柔軟に対応できるよう、在宅勤務規程を策定した。

○テレワーク制度導入に伴う運用ルールを設定

・ZOOMを利用し、オンライン授業やチャット、TV会議などに利用した。

・テレワークに係る申請フローの決定

○テレワーク制度導入による業務効率化

・在宅勤務ではプリンターを使用しないため、すべてPC利用となり、ペーパーレス化を推進できた。

・新しい学生の在籍管理システムを導入したことにより、テレワークでも学生の出席・成績状況などが管理できるようになり、学院内でのIT利活用が推進された。

取組の効果

・小さい子供を育てながら働いている教職員が、安心して働ける環境が整備できた。

・在宅勤務規程の周知、社内認知度が向上した。

・オンライン授業を自宅でも円滑に行うために教員で勉強会を開催し、授業内容のレベルアップができた。

経営者からのメッセージ

学校法人三井学園武蔵浦和日本語学院 理事長 玉田 英子 様仕事をするコバトン

本学院では従来より女性の活躍についての取り組みを積極的に行っています。テレワーク制度を導入する事により女性が仕事と家庭を両立させ、自分のキャリアを高めていける職場づくりに力を入れていきます。

企業概要

企業名

学校法人三井学園武蔵浦和日本語学院

業種

教育、学習支援業

業務内容

日本語教育機関

所在地

さいたま市

従業員数

16名(男性4名、女性12名)

URL

https://musashi-nihongo.jp/

 

 

 

 

 

 

 

取組内容について詳しく知りたい方は、県多様な働き方推進課(048-830-3965)にお問い合わせください。

県では働き方見直しについて、アドバイザーの派遣により取組の支援を行っています。働き方見直しを行いたい企業はお申込みを御検討ください。

働き方改革に取り組む企業へ戻る