トップページ > 埼玉県の取組 > 働く女性応援メンター制度

ここから本文です。

掲載日:2017年9月1日

働く女性応援メンター制度

メンターとは、助言者という意味です。知識や経験が豊かな先輩がメンターとして、後輩(メンティ)に対してキャリア形成や仕事と子育ての両立、仕事の仕方などに関する援助をします。メンターは、後輩の成長を支えると共に、職場内での悩みや問題解決をサポートする役割を果たします。

埼玉県働く女性応援メンター 〜埼玉県メンター共有制度〜

埼玉県では、経済団体等から推薦いただいた県内企業等で働く女性達を「埼玉県働く女性応援メンター」に委嘱しています。
女性がキャリア継続する過程では様々な悩みが出てくると思います。しかしながら、自身が勤務している会社には「相談できる先輩女性がいない」「自分と同じ立場の女性がいない」「男性の上司には相談しにくい」といった声も聞かれます。
そんな時、「埼玉県メンター共有制度」を活用して、メンターに相談してみませんか?
メンターたちはきっと、あなたの相談に共感しながら、背中を押してくれると思いますよ。

制度の概要

埼玉県のメンター共有制度は、以下のような特徴があります。

「メンター」は県内で活躍する女性達です

経済団体等から推薦いただいた、仕事と家庭を両立している方やキャリアを追及している方などで、様々な業種で活躍されている女性を委嘱しています。企業で働いている方や経営者の方もいらっしゃいます。

「メンター」と直接交流できる機会があります

仕事と家庭の両立やキャリアアップを目指して頑張る女性のためのセミナー「働く女性応援講座」の受講者を対象に行われる「交流会」(年8回程度開催)では、メンターと直接交流しながら個別の悩み等について相談ができます。
「働く女性応援講座」に参加して、メンターと交流してみませんか?

「働く女性応援講座」はこちら

「働く女性応援講座」にメンターが受講生として参加します

「交流会」のある日の「働く女性応援講座」には、メンターが受講生として参加するので、受講生同士として直接交流できます。

他社の複数の方からアドバイスをいただけます

普段はなかなか相談できない他社で働くメンターからアドバイスを受けることができます。

埼玉県の取組へ戻る