ここから本文です。

掲載日:2020年3月24日

埼玉県の育児休業取得率が公表されました!

県では、県内事業所の就労実態について、毎年7月31日現在で調査しています。

このたび、令和元年度の調査結果が公表されました。令和元年度は、労働者の就業形態等、外国人労働者の活用、就職氷河期世代の活用、仕事と生活の両立支援について調査を行いました。詳しくは、就労実態調査(県雇用労働課ホームページ)を御覧ください。

その中で、県内企業の育児休業の取得状況についても、公表しています。

県内中小企業における平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間に出産した女性及び、配偶者が出産した男性の育児休業取得率は、女性が92.8%、男性が8.1%です。前年度と比べると男女ともに上昇していますが、男性は育休を取りたいと思っていてもなかなか取りづらいのが現状です。

働く女性が増える中、家庭の状況に配慮することは女性はもちろん男性も含めた社員の離職防止につながるとともに、新たな人材確保にもつながるなど企業のメリットとなります。男性育休取得推進など働きやすい環境づくりに努めましょう。

2020年3月 ブログ一覧へ戻る