ここから本文です。

掲載日:2019年4月9日

働き方改革関連法が順次施行されます

平成31年4月1日から働き方改革関連法が順次施行されます。
そこで、今回はそのうちの休暇と労働時間に関する内容を紹介します。



○年次有給休暇が10日以上付与されている全ての従業員について、有給休暇を毎年5日、
 時季を指定して取得させることが義務付けられました。


○残業時間は、原則月45時間、年360時間とし、特例で月45時間超えを認めますが、
 平均月80時間(1か月最大で100時間未満まで)、年720時間までという上限が設けられました
 (中小企業については、来年4月から適用)。



法改正もあり、働き方改革の推進がより求められています。準備は進んでいますか?
 
ウーマノミクスサイトでは働き方改革に関する取組事例や県の支援事業等を掲載していますので、
自社の働き方改革の推進にぜひご活用ください。
 
埼玉版ウーマノミクスサイト「働き方改革」ページ
https://www.pref.saitama.lg.jp/womenomics/hatarakikata/index.html
 

2019年4月 ブログ一覧へ戻る