ここから本文です。

掲載日:2018年10月22日

さいたま市立大谷口中学校で「働くことを考える出前講座」を実施しました!

10月6日(土曜日)、さいたま市立大谷口中学校で、今年度6回目の「働くことを考える出前講座」を実施しました。
全学年を対象に、前半はキャリアコンサルタントの方にご講演いただき、後半は企業等でワーク・ライフ・バランスを実践している方々のパネルトークを行いました。

前半は、キャリアコンサルタントの方から、「働くとは人生の貴重な時間を使うテーマであるため中学生のうちからよく考える必要がある。今の考え・行動・選択が未来の自分を決定することから、今を大切に、様々な仕事を知り積極的に行動し自分を磨こう。」との話がありました。あいさつの大切さや言葉の語源などについての話もあり、生徒の皆様は熱心に耳を傾けていました。

後半は、国家公務員で現在日本年金機構に出向中の育児休業を取得した経験がある男性の方と、ミサワホーム株式会社にお勤めで短時間勤務制度を利用中の女性の方を迎え、現在の仕事に就いたきっかけややりがいなどをお話しいただきました。

男性の方からは、「より多くの人の役に立ちたいと思い公務員の道を選んだ。勉強も仕事も辛いことはあるが、そこでの頑張りは必ず何かの形で自分に返ってくるので、自分でよく考え努力し、良い将来を手に入れてほしい。」とのお話がありました。

女性の方からは、「就職活動で様々な職業を見た結果、思いが形になる住宅の仕事に惹かれて入社した。周りとのコミュニケーションを大事にし、なんでも積極的に取り組んで、自分が楽しいと思える仕事に就けると良い。」との話がありました。

またこの日は、土曜日ということもあり、多くの保護者の方にもご参加いただきました。ありがとうございました。

今回の講演をきっかけに、生徒の皆様が自分で考え行動することの大切さに気付き、それぞれの思い描く将来が迎えられれば嬉しいです。

大谷口中1

大谷口中2

2018年10月 ブログ一覧へ戻る