ここから本文です。

掲載日:2018年10月19日

久喜市立鷲宮西中学校で「働くことを考える出前講座」を実施しました!

10月5日(金曜日)、久喜市立鷲宮西中学校で、今年度5回目の「働くことを考える出前講座」を実施しました。
全学年を対象に、前半はキャリアコンサルタントの方にご講演いただき、後半は企業でワーク・ライフ・バランスを実践している方々のパネルトークを行いました。

前半は、キャリアコンサルタントの方から、「近い将来である10年後の自分を『想像』してみることが大事。そして、自分を知り、仕事を知ることで、自分の可能性を広げてほしい。」などと、自身の職業選択の経験も含めて親しみやすい雰囲気でお話をいただきました。

後半は、株式会社クレディセゾンにお勤めの育児休暇を取得した経験がある男性社員の方と、株式会社ベネッセスタイルケアにお勤めの介護職の女性社員の方を迎え、現在の仕事に就いたきっかけややりがいなどをお話しいただきました。

男性社員の方からは、「2か月間の育児休暇で、家族との絆が深まり、より効率的に仕事をしようという意識が高まった。社会人になっても楽しいことや嬉しいことはたくさんあるので、中学生のうちから夢をもって頑張ってほしい。」とのお話がありました。

女性社員の方からは、「中学生時代の職場体験が1つのきっかけで今の仕事に就いた。学生の頃の経験は将来少なからず影響するので、今からアンテナを張って日々を過ごしてほしい。」との話がありました。


生徒の皆様は、熱心にメモを取り、周囲との話し合いの時間には積極的に議論を交わしていました。

また最後に、鎌田校長先生から、「今回の講座はたくさんの人の協力で実現することができた。見えないところでたくさんの人に支えられていることを忘れずに、自分の将来に向けて様々なことに取り組んでいってほしい。」などと結びの言葉をいただきました。ありがとうございました。

今回の講演をきっかけに、生徒の皆様が周りの人への感謝の気持ちを持ち、様々なことにチャレンジしていっていただけると嬉しいです。

鷲宮西中1

鷲宮西中2

2018年10月 ブログ一覧へ戻る