ここから本文です。

掲載日:2018年1月23日

人間総合科学大学でセミナーを実施しました

1月10日(水曜日)に、人間総合科学大学で人間科学部・健康栄養学科の栄養士を目指す1、2年生を対象に、専門家や県内企業によるキャリアデザインに関するセミナーを実施しました。

 

第一部では、講師のキャリアコンサルタントが「明るくのびのびと仕事をしよう!ワクワク社会に出るために」と題して講演を行いました。

講師(キャリアコンサルタント)は、少子化や生産年齢人口の減少により、AIの導入が進むなど社会は急速に変化していることや、出産や育児に伴い離職する女性が多いことから、就業率・年収は男性より女性の方が低い状況であることを説明しました。就職先を決める際に、「会社の価値観」と「私の価値観」が一致することが必要であることから、授業の中で自分の価値観を理解するために大学生同士でペアワークを行いました。

 

第二部では、講師の埼玉県秩父保健所勤務の栄養士の職員が「自分らしく働き続けるために」と題して、講演を行いました。

講師(栄養士)は、学生時代に管理栄養士の資格を取得し、その知識を活かせる仕事に就きたいと考え、就職活動の際は実習やボランティア活動、OG訪問など様々な方法で情報収集をしたと説明。「働き続けることで得られることは多くある。学生生活の中で自分の強みや興味のある分野を見つけ、自分のキャリアプランを実現するために情報収集をしてほしい。」と大学生の皆さんにメッセージを贈りました。

 

今回のセミナーが、人間総合科学大学の皆さんのキャリアプランを考えるきっかけになると嬉しいです。

引き続き埼玉県では、大学生の早期のキャリア形成を支援していきます。

2018年1月 ブログ一覧へ戻る