ここから本文です。

掲載日:2017年10月26日

「えるぼし」とは?

本日は「えるぼし認定」について、ご紹介します。

えるぼしマーク

上記のマークが「えるぼし」マークです。

平成28年に施行された「女性活躍推進法」により、常時雇用する労働者数301人以上の事業主は一般事業主行動計画の策定を義務づけられました。(300人以下の事業主は策定が努力義務)

この行動計画を策定した事業主のうち、女性の活躍推進に関する取組の実施状況等が優良な事業主は、都道府県の労働局への申請により厚生労働大臣から優良企業の認定を受けることができます。

認定を受けた事業主は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品や広告などに付すなど女性活躍推進事業主であることをPRすることにより、優秀な人材の確保や企業イメージの向上等につながることが期待できます。

「えるぼし認定」には評価項目を満たす項目数に応じて3つの認定段階があります。

えるぼし3段階

評価項目は、「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の5つがあります。

詳しくは、下記の厚生労働省のページをご覧ください。

http://saitama-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/jyosei-katsuyaku/eruboshi.html

 

埼玉県では現在、15社がえるぼし認定を受けています。その中には、常時雇用する労働者が300人以下の中小企業2社も含まれます。詳しくは、下記の厚生労働省のページをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000129028.html

 

「えるぼし認定」を目指して、女性活躍推進に取り組み、企業のイメージをアップしましょう!

2017年10月 ブログ一覧へ戻る