ここから本文です。

掲載日:2017年10月12日

川口市立里中学校で出前講座を開催しました。

埼玉県では、県内の中学校向けに、これから求められる男女の働き方や働くことについての意識付け、働き続ける意欲などを醸成するため、「女性活躍推進に関する講演会」を実施しています。

 

今回は、川口市立里中学校で、進路選択の時期が迫る中学3年生を対象にキャリアコンサルタントによる講演と県内企業の社員によるパネルディスカッションを行いました。

キャリアコンサルタントの内田氏は、世の中にはたくさんの仕事があり、自分の嗜好や得意分野を踏まえ、職業選択を見据えた進路を選択してほしいとのメッセージを贈りました。

講演の途中、将来何になりたいかとの質問を投げかけられた生徒からは、「人に感謝される仕事がしたい」「自分自身も楽しめる仕事がしたい」などの回答がありました。

県内企業によるパネルディスカッションでは、株式会社ドコモCS埼玉支店にお勤めの育児休業を取得した男性社員と、株式会社エンプラス研究所にお勤めの女性技術社員が登壇し、現在の仕事のやりがいや大変なこと、進路選択の際に重視したことなどを話してくださりました。

それぞれの企業で活躍されているお二人の話に生徒たちはメモを取りながら真剣に耳を傾けており、質疑応答の場面では多くの手が挙がりました。

今回の講演が、生徒の皆さんにとって将来の仕事について考えるきっかけとなると嬉しいです。

川口里中

2017年10月 ブログ一覧へ戻る