• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > センターの概要 > 広報紙 > With You さいたま Vol.50 > Women 現代の吟子たちに聞く  小林あゆみ(合同会社ままのえん代表)

ここから本文です。

 

掲載日:2016年6月19日

Women 現代の吟子たちに聞く  小林 あゆみさん(合同会社 ままのえん代表)

  第11回「さいたま輝き荻野吟子賞」の受賞者・ままのえん代表小林あゆみさんにお話をうかがいました。

女性の活躍の場を増やしたい  子育てしながら「自分育て」

自己実現の場  ままのえん

広報紙Vol50吟子2


  ままの*えんの「えん」には、いろいろな意味が込められています。人のつながりの「縁」、輪の「円」、支援の「援」、お金の「円」。そして、「ままのえん」には、非営利組織の「ままの*えん」と、事業を行っている合同会社「ままのえん」の2つの顔があります。
  「ままの*えん」は子育て中のママたちの眠っているスキルを掘り起こし、自分を知り、深め、そしてつながり、自分を育てる場です。誰もが気軽に来れるよう、部活動と呼ぶ様々な活動を行っています。そんな部員は300人。さらに一歩踏み出したいと望む人には、「合同会社ままのえん」で仕事を提供していきます。一口に仕事と言っても、雇用契約、業務委託、内職契約と、働き方は様々で、本人の希望を聞き、きめ細やかに対応しています。
  専業主婦の頃、ママ友達が、それぞれいろいろなスキルを持っているにもかかわらず、それを活かす場がないのを見て、もったいないなあと思ったのが、「ままのえん」を立ち上げたきっかけです。私にはそんなスキルはないけれど、彼女たちが活躍できる仕組みを作ることはできるのではという思いを抱いたからです。

女性が自ら羽ばたくために

  私自身のライフスタイルも、子供の成長とともに変化しています。With You さいたまの一室を女性団体活動拠点の提供事業(※)で事務所としてからは、仕事と家庭の切り替えがうまくできるようになりました。ここに活動拠点があることで、取引先からの信用度も違ってきて、私にとってはステップアップのきっかけになりました。
  部員の皆さんにも、母親とか仕事とか、1つのことに偏ることなく、いろんな場面で輝いてほしいと思っています。また、私自身が大事にしているのは、「自分軸で考えること」。自分が本当にそうしたいと思ったことと正直に向かい合って生きることです。
  また、部員の皆さんに言い続けていることがあります。「卒業」です。ままのえんは、自分のスキルを掘り起こす場であって、いずれは巣立つことが、私たちの願いです。実際、これまでに起業や、就業、あるいは地域の自治会やPTA活動と、様々な形でここを卒業し、自ら活動を始める人たちがいました。
  部員の皆さんのスキルやニーズを把握し、仕事に結びつけていくには、相当な労力を要します。けれども、1つの仕事を終えた時の達成感と、ここから羽ばたいていく彼女達をみることの喜びが私たちの原動力となっています。いずれは、この地域社会と女性をつなぐシステムを各地に拡げていくのが私の夢です。1人でも多くの女性がチャンスに触れ、可能性を感じて、その人らしい生き生きとした豊かな生活を送れるように、このシステム作りの手助けがしたいのです。女性の活躍の場を増やすために。

※女性団体活動拠点の提供事業:With You さいたまでは、県内各地の女性団体のネットワークの核となることが期待される女性団体に、当センターの1室を活動拠点として提供しています。

広報紙Vol50吟子1

 


 

スタッフとの打ち合わせも「えん」を作って、和気あいあいとかつ綿密に  

 

プロフィール  小林  あゆみ(こばやし あゆみ)

  1977年長野県生まれ。大学卒業後、株式会社ナムコに就職。営業職、店長を経験。結婚を機に退職、専業主婦歴7年。さいたま市へ転居後、2010年「ままの*えん」を任意団体として立ち上げ。2012年「合同会社ままのえん」として法人化、代表となる。小学生二人のママでもある。2015年度第11回さいたま輝き荻野吟子賞を「合同会社ままのえん」として受賞。

小林あゆみさんへのひと言質問

  • 朝起きてまずすること
    子どもたちをたたき起こす!
  • 好きなスポーツ
    バレーボール、ママさんバレーやってます
  • リラックス・タイム
    ビールで乾杯!!
  •  座右の銘
     Cool head、but warm heart
  •  5年後の私
     子どもの部活の追っかけをしつつ、仕事を楽しんでいたいです。子育ても一段落で、夫との時間も楽しんでるかな。ゴルフ復活!旅行!バイク!etc…

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター 事業・相談担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3階

電話:048-601-3111

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?