• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > 講座・イベント > 講座終了報告 > 平成27年度 > メンズプロジェクト「ポストイクメン時代の男の生き方」

ここから本文です。

ページ番号:192450

掲載日:2021年2月19日

メンズプロジェクト「ポストイクメン時代の男の生き方」

日時

平成27年10月17日(土曜日)13時30分から15時30分

場所 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
参加者

70人

内容

「ポストイクメン時代の男の生き方」
  講師:武蔵大学社会学部助教 田中俊之さんユーモアたっぷり。講師:田中俊之先生

男性学(=男性が男性であるがゆえに抱える「男性問題」をあつかう学問)の切り口から、男性・女性が、性別にとらわれない多様な生き方を実現するために必要なことについてユーモアを交えた軽妙な語り口でお話しいただきました。
お話のなかでは、男性は現在の社会が男性主導型社会であるために、女性に比べてジェンダーの問題に対して鈍感であること、そのため、男性問題を男性が考えていくためには、男性自身が問題に気づき、問題を認識し、そこから行動につなげていくことが重要だという提起がありました。
  また近年、男性や女性のあるべき像には変化がみられるものの、いまも、男性がリードし、女性がリードされることを好む傾向があること、そうした傾向が、本来、多様な個人のあり方のしばりになっていることが語られました。お話の最後には、男女双方が、お互いのコミュニケーションの仕方や、その傾向について知ることで、互いの思いのすれ違いやそれが生まれる背景を知ることができるのではないか、という話があり、参加者からも大きな共感が示されていました。

参加者の声

  • 高校では、女性が働きやすくするには、どうしたらよいか研究していました。そこで、「男性学」について知り、本日の講座を受けました。女性だけでなく、男性の働き方を見直していくことがとても大切だと分かりました。さらに研究を進めて行きたいです。(10代・女性) 
  •  共感する内容が多かった。「ゆとり世代」と世間では言われ、「イクメン」が市民権を得てきた時代を生きてきました。
    男、父としての生きづらさを感じていました。その問題意識に一石を投じている田中先生の講演は、大変満足しました。(20代・男性)
  •  男女共同参画を男性学という視点で学べて、自分の実生活に活かしたいと思います。世の男性も多くの方が聴けば、楽に生きられるのかなと思いました。
    ぜひ聴いてほしいと思いました。(40代・男性)

 

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター  

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3・4階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?