埼玉県女性キャリアセンター > 働く女性の方へ > 働く女性応援講座 > 令和元年度働く女性応援講座 > 令和2年2月27日(木曜日)働く女性応援講座「信頼関係を築くアクティブリスニング」

ここから本文です。

ページ番号:181077

掲載日:2020年3月3日

令和2年2月27日(木曜日)働く女性応援講座「信頼関係を築くアクティブリスニング」

講座の概要

 他者から本音を引き出し、信頼関係を築くためのヒントとなるコミュニケーションスキルを体験的に学ぶ。

  1. 他者と信頼関係を築くための考え方について理解する
      各受講生がこれまでに体験した(感じた)「信頼されている/されていないと感じた他者の言動」をグループ内で話し合い、振り返ることで「アクティブリスニング」に必要な他者と信頼関係を築くポイントについて理解を深めた。
  2. コミュニケーションの基本について再確認する
      「コミュニケーション」とは双方の複数回にわたるメッセージのやりとりであり、さらに相手にとってわかりやすくするための工夫が必要であることをあらためて確認した。
  3. 信頼関係を築き、相手から本音を引き出すコミュニケーションのとり方を習得する
      反応なしの「きき方」から始まり、非言語を意識した「きき方」、そして学習ポイントを総動員した「きき方」(アクティブリスニング)を体験することで、話す側の様子や気持ちにも変化が表れることを体感した。

全体を通して

 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、5名での開催となりましたが、全参加者同士のコミュニケーションという少人数だから可能な方法を取り入れたことで、参加者がお互いに影響し合いながらの活発な展開となりました。また複数回に渡って行った「きく」体験の中で、繰り返し「相手主体のきき方」を強調し意識をしていただくことで、全員がこれまでのきき方との違いに気づき、「相手主体のきき方」をすることが信頼関係構築にもつながるということを体感されたようでした。
 最後の総合ロールプレイでは全参加者が実際に抱える自身の問題(悩み)を相談する展開となり、それまで確認したポイントを意識したきき方によって話し手自身の中にある答えを言葉にして引き出すという場面も見られ、参加者全員が傾聴の効果を再認識したようでした。
 開始時に感じられた複数人数が集まる環境への不安が、「きく」ワークが進むにつれて安心感に変わり、最後には「参加して良かった」との感想もありました。

 

 

講座の様子

 

2月27日働く女性応援講座の様子
 

 

お問い合わせ

産業労働部 人材活躍支援課 女性活躍支援担当(女性キャリアセンター)

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2-2

ファックス:048-601-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?