トップページ > 新着情報 > 男子100mで日本人初の9秒台を記録した桐生祥秀選手に「彩の国功労賞」「埼玉県体育賞会長特別賞」が贈呈されました!

ここから本文です。

その他

お知らせ

2017年10月13日(金曜日)

男子100mで日本人初の9秒台を記録した桐生祥秀選手に「彩の国功労賞」「埼玉県体育賞会長特別賞」が贈呈されました!

桐生選手

9月9日に開催された天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対抗選手権大会男子100mで、日本人初の9秒台(9秒98)を記録した桐生祥秀選手(東洋大学)に「彩の国功労賞」が贈呈されました。
また、併せて公益財団法人埼玉県体育協会から「埼玉県体育賞会長特別賞」が贈呈されました。

日時

平成29年10月12日(木曜日)

場所

知事室

内容

「彩の国功労賞」「埼玉県体育賞会長特別賞」の贈呈、記念撮影、歓談

贈呈式の様子

彩の国功労賞

 功労賞

左から、上田清司 知事、桐生祥秀選手、土屋惠一 県議会副議長

埼玉県体育賞会長特別賞

 体育賞

左から、上田清司 埼玉県体育協会会長、桐生祥秀選手、三戸一嘉 埼玉県体育協会副会長兼専務理事

参考情報「彩の国功労賞」

広く県民に愛され県民に明るい希望と活力を与えることに多大な功績のあったものについて、その功績をたたえて表彰することにより、県民意識の高揚と彩の国さいたまのイメージ向上を図ることを目的としている。

参考情報「埼玉県体育賞会長特別賞」

公益財団法人埼玉県体育協会が主催し、埼玉県の体育・スポーツの振興・発展に貢献した個人、団体、スポーツ界で優秀な成績を収めた個人、団体を顕彰することを目的としている。

会長特別賞は、特に顕著な活躍をした埼玉県選手等に贈呈している。