トップページ > 連載『サッカーあるいはフットボール・LOVE!~サッカー王国埼玉と世界のフットボール~』

ここから本文です。

連載『サッカーあるいはフットボール・LOVE!~サッカー王国埼玉と世界のフットボール~』

  • top

新規トピックス

フットボール・コラムニストの依田 透 氏による連載企画

サッカーあるいはフットボール・LOVE! ~サッカー王国埼玉と世界のフットボール~

をお届けします!

依田氏はヨーロッパのフットボールに造詣が深く、イングランドプレミアリーグのリバプールFC オフィシャル・コラムニストを務めていた方です。

そんな依田氏から見た「埼玉のサッカー」とはどのようなものか、皆様も是非お楽しみに!!

 

 

第21回以降を読む

 

第20回 人材の宝庫埼玉 ~少年サッカーでの大活躍~

これまで何度かにわたって、高校サッカーにおける埼玉県勢栄光の歴史を振り返ってきましたが、常に勝ち続けるということは並大抵のことではいかず、地域にサッカーが根付き、次々に優れた少年達が輩出されてきたからこそと、私は思っています。

続きを読む

  

第19回 埼玉高校サッカーのニューウェーブ ~武南高校の登場~ 

サッカー王国埼玉の名を全国に知らしめたのは、高校サッカー界において、浦和高校をはじめとする浦和勢の大活躍があったことは、既にご紹介をいたしました。浦和高校、浦和西高校、浦和市立高校そして浦和南高校と。そんな埼玉高校サッカーの図式に大きな変化が起こります。武南高校の登場です。

続きを読む

  

第18回 ボクシングデーとフットボール 

サッカーあるいはフットボールというスポーツは、世界で最も盛んであり愛されている競技であると言ってもいいと思います。ボールがひとつあれば誰にでもできる。それこそが大きな特徴だと思うのです。

続きを読む

 

第17回 日本初のサッカー専用スタジアム誕生 ~大宮公園サッカー場~ 

日本において、初めてのサッカー専用スタジアムが建設されたのは、やはりサッカー王国埼玉においてでした。昭和35年(1960年)のこと、当時の大宮市に埼玉県営大宮公園サッカー場として整備されたものです。

続きを読む

 

第16回 フットボールの魅力を倍増させるもの ~スタジアムが織りなす雰囲気~ 

フットボールの主役は、言うまでもなくピッチに立つプレイヤー達です。しかし私は、常々、こんな風にも思っています。「フットボールは舞台、ステージのようなもの」だと。

続きを読む

   

第15回 求められるものが多くなってきたゴールキーパーの役割 

先日は、ストライカーについて若干触れてみましたが、今回は、ある意味ストライカーと対極にあるポジションをテーマにしてみたいと思います。ゴールキーパー!

続きを読む

   

第14回 打倒浦和を目指した県北勢 ~児玉高校の逆襲~ 

高校サッカー界に栄華を誇っていた浦和勢。全国で結果を出し続けたこともあり、サッカーを目指そうとするジュニア層も厚く、次々に才能あるプレイヤー達が輩出されていきます。

続きを読む

   

第13回 育成が難しいポジション ストライカー 

フットボールは、11人がそれぞれの役割を担いつつ、チームとして戦うスポーツです。どのポジションも重要であり、優劣をつけることはできません。まず共通して言えることは、どのポジションを務めるプレイヤーを育成するにしても、トレーニング、ハードワーク、日々の鍛錬が欠かせないということ。

続きを読む

 

第12回 小さな巨人 ~ケビン・キーガンとアラン・シモンセン~ 

フットボールは、強靭なフィジカルを必要とするスポーツです。あくまで単純な発想で考えれば、背は高く、胸板はある程度厚いほうがいい。格闘技などでは、ウェイト別に分けて競技を行う階級制が設けられていますが、フットボールの場合は、モンスターのようなタイプも小柄な体躯のプレイヤーも等しくピッチに立ち、戦います。

続きを読む

 

第11回 赤き血のイレブン ~浦和南高校常勝伝説~ 

サッカー王国埼玉の礎を築いてきたのは、埼玉師範学校であり浦和高校。さらには、浦和西高校や浦和市立高校の台頭があったということについて、以前触れさせていただきました。

続きを読む

 

★第1回から第10回まではこちら

 

 

著者紹介

依田 透(埼玉県在住)

フットボール・コラムニスト

元リバプールFC(イングランド) オフィシャル・コラムニスト

 

イングランド・プレミアリーグを中心とするヨーロッパのフットボールに造詣が深く、日々、精力的にコラムの執筆活動を続けている。

 

特に、著者のブログ『Liverpoolの1ファンが綴るblog』は、日本全国に多くの読者・ファンがおり、熱烈な支持を受けている。

イングランド・プレミアリーグファンからは、『カリスマ・ブロガー』とも呼ばれる存在である。 

http://liverpool.tokyo/