トップページ > 新着情報 > 「平昌2018パラリンピック冬季競技大会」日本代表選手・役員が知事を表敬訪問しました!

ここから本文です。

その他

お知らせ

2018年2月22日(木曜日)

「平昌2018パラリンピック冬季競技大会」日本代表選手・役員が知事を表敬訪問しました!

平昌パラ表敬トップ

3月9日(金曜日)から18日(日曜日)まで開催される平昌2018パラリンピック冬季競技大会。世界中が注目する4年に一度の大舞台に参加する埼玉県ゆかりの日本代表選手2人と役員3人が、2月19日(月曜日)に知事を表敬訪問しました。

 

表敬訪問の様子

2014年のソチパラリンピックに続き2大会連続出場となるクロスカントリーの岩本 啓吾 選手は「埼玉県民として大会に参加できて嬉しいです。県民の代表として全力で頑張りたいです」、パラアイスホッケーに出場する児玉 直 選手は「やるべきことを積み上げて、メダル争いに加わりたいです」と、それぞれ意気込みを語りました。

選手の熱い決意表明を受け、知事は、「平昌は想像を絶する寒さと聞いているので、怪我に気を付けてください。出場するからには高いレベルを目指して頑張っていただきたい」と激励しました。

また、埼玉県障害者スポーツ協会の塩浦 綾子 会長も激励に駆けつけ、「埼玉県から出場されるみなさんのことをたいへん誇らしく思います」と述べました。

最後に、日本選手団公式ウェアをモチーフにした県職員お手製のウェアを着用したコバトンのぬいぐるみが選手に贈られました。大会には、表敬訪問した5人を含めて、埼玉県ゆかりの選手6人、役員5人の合計11人が出場します。皆様の熱い御声援をよろしくお願いします!
 

知事と歓談する選手

平昌パラ01 

 

知事・塩浦会長との記念撮影 

平昌パラ02

【写真上の列】

左から、赤星 智樹(あかほし ともき)氏[本部役員 総務]、藤田 (ふじた ゆうへい)氏[クロスカントリー・バイアスロン ガイドスキーヤー]、

高橋 泰彦(たかはし やすひこ)氏[パラアイスホッケー アシスタントコーチ]

【写真下の列】

左から、塩浦 綾子(しおうら あやこ) 会長、岩本 啓吾(いわもと けいご) 選手[クロスカントリー]、

児玉 直(こだま なお) 選手[パラアイスホッケー]、上田知事 

<問合せ先>

埼玉県福祉部障害者福祉推進課

障害者スポーツ担当:佐藤

電話:048-830-3303(直通)