トップページ > 取組 > 2023年、FIFA女子ワールドカップを日本で!

ここから本文です。

サッカー・フットサル

取組

2020年3月10日(火曜日)

2023年、FIFA女子ワールドカップを日本で!

FIFAロゴ

2019年、日本サッカー協会は、FIFA女子ワールドカップ2023の日本開催に立候補しました。

埼玉県は、埼玉スタジアム2〇〇2が会場候補地に選定されたことを受けて、所在地であるさいたま市とともに、日本招致に向けて準備を進めています。

現在、招致に立候補しているのは日本、ブラジル、コロンビア、オーストラリア/ニュージーランド(共催)です。FIFAによる日本視察は2020年2月に終了しました。開催地の決定は2020年6月です。

FIFA女子ワールドカップが日本で開催されれば、日本中が感動の渦に巻き込まれるでしょう。
2023年の日本開催を期待しましょう!

FIFA視察団による視察の様子

佐々木監督

埼玉スタジアム2〇〇2に到着したFIFA視察団を、佐々木則夫元なでしこジャパン監督が迎えました。

ピッチ視察

埼玉スタジアム2〇〇2は、アジア最大級のサッカー専用スタジアムであり、2002年に開催されたFIFAワールドカップの会場として建設されました。

また、今年開催される東京オリンピックのサッカー競技会場になっています。

車いすや高齢者の方も来場しやすい造りになっているほか、災害発生時には、防災活動の拠点としての役割を担っています。

集合写真

ここ埼玉スタジアム2〇〇2が、FIFA女子ワールドカップの熱戦の舞台となることを期待しましょう。

「2023年、FIFA女子ワールドカップを日本で!」のページへ

埼玉スタジアム2〇〇2のページへ