トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 農林部 > 農林部の地域機関 > 埼玉県農業大学校 > 令和元年度第1回農業実習体験講座を開催

ページ番号:155978

掲載日:2022年5月27日

ここから本文です。

令和元年度第1回農業実習体験講座を開催

  令和元年8月1日(木曜日)、第1回農業実習体験講座を開催し、埼玉県農業大学校への入学希望者19名が参加しました。

午前は、埼玉農業フロンティア育成事業の宿泊研修生と一緒に開講式と学校説明、校舎・実習ほ場の見学を行いました。校舎内見学では、通常なかなか入ることのできない学生寮の中の見学も行いました。

昼食は、希望した参加者及び保護者が学生食堂で給食(有料)を味わいました。この日のメニューは、ごはん、味噌汁、チキン照り焼き、さといものそぼろ煮、おひたしでした。

午後の実習体験では、希望する専攻に分かれ、猛暑の中、それぞれの専攻で特色のある実習作業を体験し、充実した時間を過ごしました。

【主な実習内容】

  • 施設栽培専攻:トマト、ピーマンの収穫、イチゴの苗管理
  • 露地栽培専攻:なす・オクラの管理、ブロッコリーの種まき
  • 水田複合専攻:穂肥散布、大豆は種 
  • 花き専攻:苗の鉢上げ、は種ほか
  • 酪農専攻:牛の手入れ

参加者の声

参加者に記入していただいたアンケートから、一部を抜粋・要約して紹介します。

【実習体験参加者の声】

  • ナスの管理及びナスとオクラの出荷調整を行いました。先輩方から様々なことを教えてもらい、良い時間を過ごすことができました。(高校3年・露地栽培専攻参加)
  • オリエンテーションで入学からその後の進路の話を聞き、とても良い学校だと思いました。農業の専門的な知識を学ぶことができるのが魅力で、農業への力の入れ方が伝わってきました。(高校3年・露地栽培専攻参加)
  • 牛を触る、洗うといった貴重な体験をしました。先輩方も丁寧にやることを教えてくれたので安心して作業することができました。(高校2年・酪農専攻)
  • 全国的にもほとんどない有機農業専攻に興味を持ち参加しました。土づくりが重要なこと、慣行農業より害虫が発生しないことなどを聞き、さらに有機農業を知りたくなりました。(一般・有機農業専攻)

そのほか、校内がきれいで施設が整っている、寮も過ごしやすそう、昼食が美味しかった、などの感想があげられました。 

農業実習体験講座のようす

 

 

 

 

 

 

寮見学 01実習施設専攻 露地専攻

校舎内見学(学生寮)

実習体験(施設栽培専攻)

実習体験(露地栽培専攻)

水田専攻 花き専攻 酪農専攻

実習体験(水田複合専攻)

実習体験(花き専攻)

実習体験(酪農専攻) 

お問い合わせ

農林部 農業大学校 入試・教務調整担当

郵便番号360-0112 埼玉県熊谷市樋春2010

ファックス:048-536-6848

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?