• トップページ
  • 外来入院のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内
  • 医療関係者の皆様へ

小児医療センター > 採用案内 > 専攻医/後期研修医 > 研修内容(感染免疫・アレルギー科)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年5月31日

研修内容(感染免疫・アレルギー科)

一般目標

  1. 感染症、アレルギー疾患に関する問診がとれる。
  2. 細菌、ウイルス、マイコプラスマ感染における検査所見の特徴を理解する。
  3. 基本的診察手技を修得する。
    肺聴診、心臓聴診、口腔内視診、鼓膜視診
  4. 感染に関する基本的検査を実施、解釈できる。
    白血球数・像、CRP、赤沈、各種抗体価、腰椎穿刺と髄液所見、尿所見、ツベルクリン反応
  5. 麻疹、風疹、水痘、ムンプス、突発性発疹、単純ヘルペス、川崎病、百日咳が診断できる。
  6. アレルギーに関する基本的検査を実施、解釈できる。
    皮膚テスト、IgE-RAST
  7. 各種抗菌薬、抗ウイルス薬の特徴を知り、用いることができる。
  8. 肺炎、尿路感染、軽症気管支喘息発作が治療できる。
  9. 各種抗アレルギー薬の特徴を知り、用いることができる。
  10. 喘息発作の治療を経験し、重症度より治療計画が立てられる。

研修医の週間スケジュール

研修医の週間スケジュール

曜日

午前

午後

17時00分から

内科カンファレンス
病棟回診・処置

病棟回診・処置

 

カンファレンス
病棟回診・処置

院長・副院長回診
病棟回診・処置

 

抄読会、カンファレンス
病棟回診・処置

病棟回診・処置

 

X線カンファレンス
病棟回診・処置

病棟回診・処置
感染免疫アレルギー科回診

 

病棟回診・処置

病棟回診・処置

 

行動目標

1 経験すべき疾患

  • ウィルス性肺炎
  • 細菌性肺炎
  • マイコプラスマ肺炎
  • 仮性クループ
  • 麻疹
  • 風疹
  • 水痘
  • ムンプス
  • 突発性発疹
  • 単純ヘルペス
  • 百日咳
  • 川崎病
  • 急性胃腸炎
  • 無菌性髄膜炎
  • 化膿性髄膜炎
  • 気管支喘息
  • 尿路感染
  • 若年性関節リウマチ
  • 原発性免疫不全症

2 基本的診察

  • 感染症、アレルギーに関する問診
  • 肺の聴診、心臓の聴診
  • 腔内視診、鼓膜視診、腹部触診
  • 発疹の見方
  • 呼吸困難の診断
  • 脱水の重症度判定
  • 気管支喘息発作の重症度判定
  • 髄膜炎の診断

3 基本的手技・処置

  • 静脈採血
  • 静脈確保
  • 皮内注射、皮下注射、筋肉注射
  • 腰椎穿刺
  • ツベルクリン反応、BCG接種

4 基本的検査法

  • 炎症関連検査所見の解釈
  • 胸部X線像の読影
  • 各種抗体価の読み方
  • 免疫学的検査の解釈

5 基本的治療

  • 食餌療法(ミルク・食事のオーダー)
  • 輸液療法
  • 抗菌薬の使用
  • 気管支拡張薬の使用

お問い合わせ

病院局 小児医療センター  

郵便番号330-8777 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2

ファックス:048-601-2201

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?