• トップページ
  • 外来入院のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内
  • 医療関係者の皆様へ

小児医療センター > 採用案内 > 非常勤医師 > 医師・職員募集/非常勤医師/小児神経専門研修医募集

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月20日

医師・職員募集/非常勤医師/小児神経専門研修医募集

小児神経の臨床研修・研究を希望する医師を募集しています。私たち神経科は、埼玉県立小児医療センターの専門科としててんかん・特に小児病院のため乳児期発症のWest症候群などを中心とした難治性てんかん、急性脳症・急性脳炎等の急性疾患、脳変性疾患、発達障害等の小児神経疾患全般に関しての診療を行っています。一般病院の小児科では、日常診療に忙しく神経疾患に限らず特定の疾患に興味を持ち専門的に勉強をする事は現在の小児科医にとっては難しくなっています。てんかんの有病率は1000人に対し4から6人、熱性けいれんに至っては100人に5から8人とされるようにまれな疾患ではありません。さらに神経疾患は、難治なものも多く、継続的な治療を必要とすることが多いため日常診療の中でも遭遇する頻度が高くなります。治療方法等は年々高度化しているなか、今、あなたが情報を得ているように、インターネットを利用し保護者の方も疾患に対する知識をたかめ、最新の治療法にキャッチアップしようとしています。小児神経専門の外来・病棟でより一層の理解を深め、小児神経専門医、てんかん専門医を目指し、積極的に学会活動にも参加してみませんか?

神経科概要

外来診療

1日患者数 30から50名(年間 のべ約9000人)

West症候群、乳児重症ミオクロニーてんかんなどの種々のてんかん症候群、熱性けいれん、急性脳症・急性脳炎、発達障害、先天性代謝異常症・脳変性疾患、ミトコンドリア脳筋症、進行性筋ジストロフィー症、その他

入院ベット数

10から15ベット(不定)

その他

施設認定

日本てんかん学会研修施設 認定番号4

スタッフ

氏名

資格  

浜野 晋一郎

日本小児神経学会理事

日本てんかん学会評議員
日本小児神経学会評議員
日本てんかん学会専門医
日本小児神経学会専門医
日本小児科学会専門医
菊池 健二郎

日本小児科学会専門医

日本小神経学会専門医

日本てんかん学会専門医

小一原 玲子

日本小児科学会専門医

日本小神経学会専門医

日本てんかん学会専門医

松浦 隆樹

日本小児科学会専門医

日本小児神経学会専門医

日本てんかん学会専門医

平田 佑子

日本小児科学会専門医

日本小児神経学会専門医

日本てんかん学会専門医

応募資格

医師国家試験合格後、臨床研修を修了している方で、特に小児神経疾患に興味のある方

待遇

埼玉県立小児医療センター専門研修医としての給与+時間外のアルバイト(詳細は面談で)

期間

1年間から2年間

連絡先

神経科 浜野 晋一郎
hamano.shinichiro☆scmc.pref.saitama.jp
(迷惑メール対策のため@を☆マークで表示しています。☆を@に変更して下さい。)
Tel 048-601-2200、Fax048-601-2201

これまでに研修に来られた先生とその業績

お問い合わせ

病院局 小児医療センター  

郵便番号330-8777 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2

ファックス:048-601-2201

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?