• トップページ
  • 外来入院のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内
  • 医療関係者の皆様へ

小児医療センター > 医療関係者の皆様へ > 埼玉県移行期医療支援センターについて

ここから本文です。

 

掲載日:2020年4月9日

埼玉県移行期医療支援センターについて

平成31年4月から小児期医療機関と成人期医療機関の連携促進や患児の自立支援を推進する「埼玉県移行期医療支援センター」を埼玉県立小児医療センター内に設置しました。令和2年4月から指定小児慢性特定疾病医療機関等からの移行期医療支援に関する相談受付を開始します。

1.移行期医療支援とは

医療技術の発展により小児期発症の慢性疾患を有する成人の患者さんが増えています。患者さん本人が自律(自立)し自分の病気を管理できるよう、また成人病院へスムーズに移ること(移行)ができるようサポートしていくシステムが移行期医療支援です。

2.移行の必要性 

小児専門病院等では、生活習慣病など成人特有の病気を併発した際、対応が難しい場合があります。また、妊娠や出産、就労などのサポートが不十分なため成人病院への移行が必要です。

3.埼玉県移行期医療支援センターの概要

場所 埼玉県立小児医療センター 2階6番窓口
〒330-8777 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2
電話番号 048-601-1509(直通)
ファックス番号 048-601-2237
受付時間 8時45分から17時(平日のみ)

4.相談方法

  1. 「移行期医療支援センター相談依頼シート」PDF版(PDF:137KB)またはワード版(ワード:27KB)に必要事項をご記入の上、ファックスまたは郵送にて埼玉県移行期医療支援センターへご送付ください。その際はお電話でもご連絡をお願いします。
     
  2. 相談依頼シートの内容を確認後、当センターからご連絡します。回答にはお時間をいただきますのでご了承ください。

5.移行期医療支援の流れ

 

 

 

 

 

  • 具体的な移行先医療機関の相談は、かかりつけの医療機関を通していただきますようお願いします。
    患者さんからの直接のご相談はお受けしておりませんので、ご了承ください。

6.その他

埼玉県移行期医療支援センターでは令和元年11月10日(日曜日)埼玉県にお住まいの小児慢性特定疾病受給者とその家族、埼玉県立小児医療センターに通院中の患者さんとその家族、医療関係者を対象にセミナーを開催しました。

県民のための医療セミナー
「慢性疾患を持つ子どもが大人になる前に準備しておきたいこと ~子どもの病院から成人の病院へ~」

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

病院局 小児医療センター  

郵便番号330-8777 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2

ファックス:048-601-2201

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?