掲載日:2019年6月21日

目的別ご案内

お客様の目的に応じた支援メニューをご案内します。

初めての方はこちらから

お問い合わせ

こんな課題がある、こんなことで困っている、などありませんか?

お問い合わせはこちらから

ここから本文です。

令和元年度商品企画デザイン塾

r1_designjuku_top

昨今、“デザイン思考” “デザイン経営”という言葉が注目され、今や、デザインなくして良い商品開発はできないとまで言われています。しかし、「そもそもデザインとは一体何なのか」を読み解く機会は少なく、中小企業の皆様の中には、どこから手を付けたらいいのかわからず困っている方も多いのではないでしょうか?
商品企画デザイン塾では、そんな皆様のために、色形だけではない、多岐にわたるデザインの役割について学ぶことができるプログラムをご用意いたしました。ご興味ある方はぜひ受講ください。

開催概要

日時

  • 令和元年7月4日(木曜日)から令和2年1月15日(水曜日)全8日間
    いずれも13時00分から16時30分

会場

  • 埼玉県産業技術総合センター4F ABC会議室
    川口市上青木3-12-18 SKIPシティ内

内容

日程 企画名 概要

令和元年
7月4日(木曜日)

【企画1】
商品開発とデザインの関係
デザインの全体像をつかむ。

令和元年
7月26日(金曜日)

【企画2】
企画のデザイン
マーケティング・ブランディングの視点から商品企画を見直す。

令和元年
9月18日(水曜日)

【企画3】
アイデアの視野を広げる
自社技術起点になりがちなアイデアの壁を乗り越える。

令和元年
10月16日(水曜日)

【企画4】
アイデアを生み出す
自社技術とユーザー視点のアイデアの重なりを探る。

令和元年
11月6日(水曜日)

【企画5】
アイデアを形に落とし込む
デザイナーと対話しながらアイデアを形にする。

令和元年
12月4日(水曜日)

【企画6】
グラフィックデザインの役割
名刺、広告、web、カタログなど。紙面構成の基礎を学ぶ。

令和元年
12月18日(水曜日)

【企画7】
写真の撮り方、質の大切さ

商品の魅力を引き出すための物撮りワークショップでノウハウを学ぶ。

令和2年
1月15日(水曜日)

【企画8】
紙面で何を伝えたいのかを考える

レイアウト、写真、書体で変わるメッセージ性の違いを体感する。

募集案内・申込書

申込方法

e-mailにて必要事項を記入し、下記アドレスまでお申込みください。

  • 【申込先メールアドレス】
    h6513112@pref.saitama.lg.jp
  • 【送信先】
    埼玉県産業技術総合センター事業化支援室
    赤坂、大沼 宛
  • 【件名】
    デザイン塾申し込み
  • 【記入事項】
    (1)企業名
    (2)業種
    (3)所在地
    (4)代表者氏名、役職名
    (5)受講者氏名(フリガナ)
    (6)所属/役職
    (7)電話番号
    (8)メールアドレス

※受講料の支払いに必要な情報も含まれるため、記載漏れがないようお願いいたします。
※受講料を振込後、振込が証明できるもの(領収書、電子振込確認書等)をメールに添付してお送りください。確認の後、受講登録が完了します。
※ご記入いただいた情報へ、お知らせ等をお送りすることがございます。

募集対象

(原則として県内)ものづくり製造業の中小企業者等 企画担当者・技術者・経営者

  • デザインを取り入れて商品開発をしたいと考えている方
  • デザインが果たす役割を知りたい方

申込期限

  • 6月26日(水曜日)

受講料

  • 30,000円

定員

  • 25名(企画単体での申し込みはできません)

お問い合わせ

産業技術総合センター事業化支援室
令和元年度商品企画デザイン塾事務局
赤坂・大沼
電話:048-265-1312
ファックス:048-265-1334
メールでのお問い合わせはこちらからお願いします

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?