掲載日:2019年6月1日

ここから本文です。

電磁波妨害源探査装置

電磁波妨害源探査装(川口)は現在故障しており、ご利用受付を中止しています。利用再開予定時期が決まりましたら、追って連絡いたします。

機器番号 91
機器分類 電気・電子測定機器
メーカー名 株式会社ノイズ研究所
型番等 ESV-3000
装置概要 プリント基板やハーネス類から発生する放射ノイズの電界または磁界成分を小型アンテナから精密に測定し、そのデータを強度分布としてパソコンのディスプレイに表示することにより、放射ノイズの発生源を視覚的に把握することを可能としたシステム。
パソコン(ソフト)、ESV-3000、スペクトラムアナライザ(ADVANTEST:R3132)を一体としたシステム構成。
主な仕様 周波数範囲:30MHz~3GHz(プローブA,B,C)、150kHz~100MHz(プローブL)。測定可能エリア:300×350mm以下。測定分解能:1×1mm。制御方法:PC制御、GP-IB、パルスモータ制御、画像制御。
研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。簡単な説明を受ければ、利用できます

使用料(1時間当たり) 290円
装置写真 機器の写真

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,460円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?