トップページ > 研究開発 > 技術研究会一覧 > 埼玉ブランド食品開発研究会(会員募集中)

ページ番号:197691

掲載日:2022年4月1日

ここから本文です。

令和4年度  埼玉ブランド食品開発研究会(会員募集中)

埼玉県産業技術総合センター(略称 SAITEC)北部研究所が、県内中小食品関連企業の競争力向上を目的に、高付加価値食品の開発や商品化・販売促進など(ブランド化)の支援のために設置・運営する研究会です。

募集対象

      県内に事業所を有する食品関連の中小企業、団体等
       例)

  • 付加価値の高い製品を開発したい
  • 最新分析機器等で成分等を分析し、製品の機能や魅力を伝えたい
  • 商品としての価値を高めたい(デザインや販売方法の支援を受けたい)
  • 自社製品を誰もが思い浮かべる、魅力ある製品に育てたい
  • ごはんパンの商品化に取り組みたい

活動内容

   埼玉ブランド食品開発研究会説明資料  
(1)セミナー・講演会等の開催(年4回程度)
(2)会員企業への支援

  • 商品企画から販売促進まで、専門のアドバイザーを派遣                                                                                                    
  • 開発・試作に係る技術支援、試作品の評価支援                                                                                                       
  • 試作品、成果品の紹介の場の提供(研究発表会、展示会、成果発表会等での製品展示)                                                                    
  • ごはんパンの製造技術を供与(昨年度の支援成果の普及)    

   ごはんパンとは、小麦粉 に炊飯米を加えたパンです。
   炊飯米を加えることで、次のような特徴のあるパンになります。
       特徴1  : 通常のパンよりも柔らかく、その柔らかさが持続します。
       特徴2  : 甘み、もちもち感がアップするとともに、腹持ちが良くなります。

(3)支援の流れ
         本事業では、SAITEC職員と専門のアドバイザーが会員の取組段階に応じて支援します。    

        商品企画(専)     ⇨        開発・試作(S)(専)    ⇨      販売促進(専)                                              

   ※(専)  専門のアドバイザーによる支援:  製品開発上の技術的支援、価値向上支援、販促等ブランド化支援

       (S)   SAITEC職員による支援:  製品試作・評価・分析等の支援

   ※ 支援は、どの段階からでも、あるいは特定の段階だけでも可能 

会費等

会費は無料。
開発・試作等に係る費用等は、原則、自己負担。

お申込み方法

入会申込書に必要事項をご記入のうえ、ファックスまたはEメールにてお申込みください。

  ※お申込みは、9月末まで受付予定です。
      研究会の会員となる期間は、令和5年3月31日までとなります。       

お問合せ先

埼玉県産業技術総合センター(略称 SAITEC)北部研究所
〒360-0031  埼玉県熊谷市末広2-133
電話: 048-521-0614   ファックス: 048-525-6052
E-mail:kofuka@saitama-itcn.jp

担当   総務・事業化・製品開発支援担当 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?