トップページ > 依頼試験 > 試験項目一覧 > EMC測定 > 電磁波妨害源探査装置による測定

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

電磁波妨害源探査装置による測定

大分類/中分類 測定及び検査/EMC測定
試験の内容  
試験の内容 基板やハーネス等からの電磁界をプローブで走査しながら測定する。走査は最小1mm間隔。
成績書の内容 電磁界強度の分布図
試料持ち込み時の注意 装置にセットするためには、30cm×35cm以内の平面状になっている必要があります。また、動作に必要な電源や付属品との接続が可能かなど担当者と相談してください。
その他の注意 測定条件により結果が変わるため事前の打ち合わせが必要です。
単位 1時間
金額 4,470円(1時間を増すごとに3,080円を加える)

※詳しい試験内容や試料、測定条件等については、ご相談・お問い合わせください。
※試料を加工、採取する前に、一度お問い合わせください。

試験のご利用方法

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?