• トップページ
  • 診療のご案内
  • センターのご紹介
  • 当施設について
  • 診療関連部門診療科のご案内
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月10日

脳神経外科

特色・専門分野

良性および悪性の原発性脳腫瘍、脳や脊椎の転移性腫瘍の診断と治療を行っています。

原発性脳腫瘍

良性脳腫瘍

社会の高齢化ならびに脳ドッグの普及に伴い、無症候性脳腫瘍(髄膜腫など)の症例が近年急増しています。われわれは、脳機能保護と根治治療を主眼に治療しています。大きな出血しやすい髄膜腫には、手術前に腫瘍血管塞栓術を行い、手術中の出血量軽減をはかっています。

悪性脳腫瘍

悪性神経膠腫に対して、摘出術・放射線・化学療法による集学的治療を行っています。すべての領域で目覚ましい技術革新がみられ治療成績は改善しています。

転移性脳・脊椎・髄膜腫瘍

  • 転移性脳腫瘍には、患者のQOLを重視し、積極的治療方針のもとに、手術(摘出術、嚢胞性腫瘍内液吸引術、脳室腹腔シャント術など)・放射線治療を行っています。
  • 高齢者あるいは全脳照射後再発の患者には、摘出術・定位放射線療法などを組み合わせ、これまで困難であった治療にも積極的に対応しています。
  • 転移性脊椎腫瘍には、脊髄横断症状の発症前の無症状または疼痛のみの時期に早期診断し、放射線治療を主体とした予防的治療と疼痛緩和を心がけています。緊急性を要する病巣には手術や放射線治療を行っています。
  • 病変をピンポイントで治療できる高精度放射線治療装置が稼働しており、主に、転移性脳腫瘍では、正常脳への放射線の影響が少ない治療が可能となっています。現在、治療対象を原発性脳腫瘍にも適応を拡大しています。
  • 脳神経外科外来では、脳血管障害、頭部外傷を除く脳神経疾患を治療しております。頭痛患者や、神経疾患が疑われる場合には、遠慮なくご紹介下さい。

一般社団法人 National Clinical Database (NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について(PDF:195KB) 

手術件数 平成30年1月~12月

手術名

件数

頭蓋内腫瘍摘出術

38

水頭症手術

7

その他の手術

10

合計

55

スタッフ

楮本 清史 カズモト キヨシ

写真:楮本 清史科長兼部長/昭和58年 群馬大学卒

専門

原発性脳腫瘍の集学的治療(手術・放射線・化学療法)、
QOLを重視した転移性脳・脊椎腫瘍の治療

資格

日本脳神経外科学会評議員、専門医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

医学博士

 

早瀬 宣昭 ハヤセ ノブアキ

写真:早瀬 宣昭副部長/昭和61年 群馬大学卒

専門

脳腫瘍の外科的治療(髄膜腫、グリオーマ)
QOLを重視した転移性脳腫瘍の治療
大脳機能の機能局在(fMRI、術中電気生理学的検索)
定位放射線治療

資格

日本脳神経外科学会 専門医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

医学博士

 大澤 匡 オオサワ タダシ

医長/平成17年 山形大学卒

専門

脳腫瘍の集学的治療(手術、放射線、化学療法)

神経内視鏡による低侵襲手術

資格

日本脳神経外科学会 専門医

日本神経内視鏡学会 技術認定医

日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

医学博士

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

病院局 がんセンター  

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室780番地 埼玉県立がんセンター

ファックス:048-722-1129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?