• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」 ルートブログ(県南西エリア) > 埼玉農業の歴史を学ぶコース【ルート3 走行時期:12月上旬 40代男性  ロードバイク歴:3年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

埼玉農業の歴史を学ぶコース【ルート3 走行時期:12月上旬 40代男性  ロードバイク歴:3年】

更新日:2020年1月23日(木曜日)

【プロフィール】
アニメ『弱虫ペダル』の影響でロードバイクをはじめ、エンデューロ、クリテリウム、ロングライドを経て、関東圏のゆるポタに落ち着いたメタボサラリーマンです。 


12月。気温3度の寒空の下、都内在住ロード歴3年の若輩者は一路、羽生に向かいます。
(ルート3の出発地点は荒川にある「キッチンとれたて」ですが今回は反対側からスタートします。)  

 

 

埼玉県行田市にある利根大堰に向かうべく、近隣となる東武伊勢崎線羽生駅にて輪行を解除…する予定が乗車した電車は残念ながら東海道線。急遽、熊谷駅で下車し目的地の利根大堰へ向かうこととなりました。
熊谷駅
輪行を解除してスタートです。

 

熊谷駅から利根大堰までおおよそ12km。

ふだんは都内に数多く点在する信号峠によりタイムロスを余儀なくされ、平均巡航速度が大幅に下げるひどい仕打ちにうちひしがれる日々を送る私。熊谷周辺の信号の少なさはまさにロードバイク乗りには快適の極み。道路も綺麗に舗装され、例えるのであれば氷の上を走っているかのごとく軽快にスタート地点に向かいます。

スタート地点である利根大堰までの道のりは、日々の信号というヒルクライムから放たれ、まるでクリテリウムの会場を走っているか錯覚する感覚に陥ることができます(スピードの出しすぎにはくれぐれもご注意ください)。

 

 

【スタート地点 行田サイクリングセンター】
行田サイクリングセンター

初めて訪れる利根川を背に佇む行田サイクリングセンター。サイクリストの休憩場が設置され、さらに自転車の貸し出しが無料。まさにサイクリストの聖地と言っても過言ではない場所から今回の旅はスタートします。

 

行田サイクリングセンターから緑のヘルシーロードを南下します。

初心者にも分かりやすく曲道には看板が掲示され、迷うこと無く進むことができるのが、この緑のヘルシーロード。交差する他の道を除けば、まさに正真正銘のサイクリングロードをじっくり堪能することができます。なお、この緑のヘルシーロードの序盤は川の両岸にサイクリングロードが展開していますが、今回の第一目的地である見沼公園までは右側のルートを使用しています。
目印
緑の陸橋が曲がり角の目印。
 

【第一目的地 見沼公園】
桜の名所として有名な見沼公園。来年に向けて満開の桜を見せる準備をしていたため、葉を枯らし淋しげな表情を魅せる木々ではありましたが、園内には清潔感溢れるトイレを完備しており、サイクリストに優しい公園です。次に走る際は是非とも4月に訪れたい場所です。
見沼公園
4月には満開の桜が楽しめます。

 

【第二目的地 古代蓮の里】
行田の「市の花」であり「市指定天然記念物」でもある「古代蓮(行田蓮)」が一面を彩る古代蓮の里。古代蓮の見頃は6月下旬~8月初旬なため、今回は広大な面積を誇る池を堪能するだけとなりましたが、8月中旬~10月の間は、行田の名物田んぼアートを古代蓮会館から見ることもできます。ただし、多くの観光客で賑わう季節なのでくれぐれも自転車の盗難には気をつけくださいね。
古代蓮の里
7月になると一面の蓮の花が咲き乱れる。

蓮マップ
真中央の古代蓮会館から田んぼアートが楽しめる。 

 

【第三目的地 あやめ公園・菖蒲総合支所周辺】
久喜市に入ると田園風景から一転、住宅街や商業地域が立ち並ぶ町並みに変わります。
菖蒲総合支所周辺の大きな道路川越栗橋線を少し走ると菖蒲城址あやめ苑に到着しました。文字通りあやめの花が咲き乱れる季節となる5月には大勢の来訪者があるとのこと。
今回は残念ながら広大な敷地を見るだけとなりましたが、是非とも次の機会には一面のあやめの花を見てみたいと思います。

菖蒲総合支所
菖蒲総合支所。

菖蒲城址あやめ苑
菖蒲城址あやめ苑。

 

【第四目的地 さぎ山記念公園】
第四目的地周辺は少し道が入り組み、道幅が細くなるため、細心の注意を払って走行してください。基本的に「標識通り」に進めば迷うこと無く南下が可能です。

 

第四目的地である、さぎ山公園記念公園は12月でも多くのキャンプ客で盛り上がっています。昨今流行りの冬キャンプでしょうか。足早にさらに30キロ程度南下し最終目的地である足立区都市農業公園(自転車乗りにはキッチンとれたてで有名)に向かいます。

さぎ山記念公園 
非常に大きな公園。数多くのファミリーがキャンプを展開していた。 


【最終目的地 足立区都市農業公園】
足立区都市農業公園のレストハウス「キッチンとれたて」が自転車乗りには有名ですが、足立区都市農業公園では当日参加可能な農業プログラムもあるので、自転車を楽しんだ後は休憩がてら参加するのもいいかもしれません。

キッチンとれたて 
キッチンとれたてで有名。

トータル63kmとなる「行田市、蓮田市 他埼玉農業の歴史を学ぶルート」ですが、ロードバイクやクロスバイクなど自転車に乗り始めた方におすすめしたいルートです。都内からのアクセスもよく、車を意識することなくゆったりと自転車を楽しむことができます。

 

春先から夏にかけては、都会では味わうことがなかなかできない様々な季節を感じることができる景色も楽しめるので、是非「行田市、蓮田市 他埼玉農業の歴史を学ぶルート」をお楽しみください。
案内看板
このような看板が1キロ単位で設置されているので迷わず走ることができる。

 

(緑のヘルシーロード、荒川自転車道)

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=a6e844a671df833541a5346ee7fd2e12



TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/30645