• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(秩父エリア) > 太古から現代まで小鹿野町の歴史を辿る発見ライド【ルート92 走行時期:11月初旬 50代男性 自転車歴:40年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

太古から現代まで小鹿野町の歴史を辿る発見ライド【ルート92 走行時期:11月初旬 50代男性 自転車歴:40年】

更新日:2019年11月25日(月曜日)

【プロフィール】 

運動は何をやってもイマイチですが、自転車に乗ればどこでも行けるような気がする自転車歴40年(ブランク30年)の真面目なサラリーマンです。


今回は、秩父の小鹿野町をぐるっと埼玉のルートを参考に走って来ました。

参加者は全員が埼玉県民ですが、自走(自宅から自転車で走ってくること)ではちょっと遠い場所なので今回は車載(車にロードバイクを積んでくること)で、道の駅両神温泉薬師の湯に集合しました。

道の駅両神温泉薬師の湯

帰りに温泉で1日の汗を流してすっきりして帰れるのも車載の魅力です。

 

道の駅両神温泉に着くと早朝にもかかわらず、なにやら人がたくさん。どうやらイベントが近くで行われているようです。

神怡館(しんいかん)(埼玉県山西省友好記念館)でお祭りの準備が進んでいました。美味しそうなお店の出店がありましたが、残念ながらまだ朝の8時で準備中です。この神怡館、すでに閉館していて、次はボルタリングの施設になるそうです。立派な施設でもったいないですが、ボルタリング施設も楽しみですね。

神怡館1 神怡館2

 

さあ、そろそろ走ろうかと、ふと山の方に視線を移すと展望台のような施設が。職員さんに聞くと歓景亭という神怡館の展望台のようです。

行ってみよー!!と、高い所が大好きな4人は展望台めがけて急な坂を登ります。脚がまだ十分暖まっていないので、ハァハァと、急な坂をクルクルと一生懸命ペダルを回すと神怡館の周辺一帯が見渡せる気持ちのよい場所に行く事が出来ました。。

神怡館3神怡館4

神怡館5

 

ここから時計回りにルートを回る予定だったのですが、先月の台風19号で合角ダムへのルートは立ち入り禁止!!

立ち入り禁止

ちなみにぐるっと埼玉のルートの曲がり角には親切な表示板が有りますので、安心してルートを回る事が出来ますよ。

曲がり角で迷ったら、この看板を探してみてくださいね。

 看板

通行止めになっている場所の近くの、みどりの森で道を尋ねると、宮戸交差点側に降りられるとのことでルートを変更する事に。

こんなときにもロードバイクは簡単に予定を変更できるのが良いですね。
宮戸交差点を左折してしばらく走ると合角ダム(かっかくダム)があります。

ごうかくと読んで受験生がダムカードをもらいに来ることがあるそうですよ。これがダムカードです。裏にダムの説明が書いてあります。

 ダム1

台風の影響でダムは濁った水と流木で一杯。早くきれいなダムと川を取り戻して欲しいですね。

ダム2 ダムカード

次に向かったのは秩父の美味しい水、その名も毘沙門水。名前の通り毘沙門天様がいらっしゃいました。暑い時期は水分補給に良いですね。

 毘沙門水1 毘沙門水2

そろそろお腹が空いてきました。秩父の名物のひとつ、わらじかつを食べに行ったのは老舗のお店、安田屋さん。わらじかつ専門的でボリュームたっぷりのわらじかつを堪能しました。

看板らしいものもないので知らないと来られません。お昼の時間は行列になることも。
やすだや

 ボリュームのあるカツがどんぶりにドーン。

 かつ丼

ランチの次はおやつ。(自転車乗りは補給食と言います。)
ロードバイク乗りは甘いものも大好きな人が多いです。

大正13年創業、八宮松雪堂の小鹿野こいし(山芋を生地に練ってマーガこリンを挟んで焼いたお菓子)を買ってフロントバックに入れました。(おやつの時間に食べる用(笑))

小鹿野こいし 小鹿野こいし

 

次は般若の丘公園。
なんかおっかない名前の公園ですが、行ってみるとずいぶんと可愛いカバみたいなモニュメントがいます。

パレオパラドキシア1 パレオパラドキシア2
鰆のモニュメント

これは太古の世界、約1,500万年前はまだこの辺りが海だったそうで、この地に化石で出土したパレオパラドキシアとチチブサワラのモニュメントだそうです。

昔は海だったなんて不思議ですね。
それにしても、パレオパラドキシア、歯の生え方が独特です。
ちなみにこれ、乗って遊んでオッケーですからね。

乗って遊ぼう                                                                               


次に向かったのは、おがの化石館。先ほどのパレオパラドキシアの骨のレプリカがお出迎えしてくれます。

レプリカ

 

職員さんが教えてくれましたが、歯だけでなく骨の一部にも謎の部分が多いそうです。名前の意味は古代の不思議なものという意味のラテン語だそうです。
他にもここでは化石の展示物が秩父の出土物に限らず展示してあります。
化石

 

二階の展望台からは、ようばけという地層の崖が見えます。

 ようばけ

さあ、約50キロのライドも終盤です。
道の駅龍勢会館で、おやつ(小鹿野こいし)を食べながら、秩父事件をスマホで調べて、なぜかみんなに解説(笑)。

秩父事件

お約束の顔出し記念撮影。

 

龍勢と言えば手作りロケット!
ここがロケット打ち上げ会場です。

 ロケット1

みんなでロケットのポーズ。

秩父事件の舞台である椋神社では龍勢祭りのロケットの展示も有りました。

ロケット2

これ、すんごい長い竹ですね。

 

ここから出発地点の道の駅両神温泉薬師の湯に戻り、ゆっくり温泉に入ってから帰宅の途につきました。

お疲れ様~。

 お疲れ

今回の小鹿野ライド、日曜とはいえ車も少なく、路肩が広くきれいな道路が印象に残りました。アップダウンが多少あり、健脚向きとありますが、距離も適度で初心者からのステップアップができるオススメのルートだと思います。

TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25398