• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(県北エリア) > 「のぼうの城」の歴史と利根の自然を満喫するルート【ルート64 走行時期:3月初旬 40代男性】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

「のぼうの城」の歴史と利根の自然を満喫するルート【ルート64 走行時期:3月初旬 40代男性】

更新日:2020年3月12日(木曜日)

ぐるさいを走ろう!

そう、4人で走る予定だったのに、走ったのは私、真機鈴八(マキレイヤ)とみっちゃんのふたりだけになっちゃった。

 

だけどふたりいるし走りましょう。
埼玉の自転車乗りなら誰もが走ったことのある荒川サイクリングロードを北上していきます。

 

この日は風が強い!
ぐるさいを回っている時には風が弱いといいな。
ホンダエアポートの吹き流しを見ながら、ふたりで話します。
多分、帰りも向かい風になっちゃうんだろうなあ。

 

向かい風を掻き分け、ヒーコラ言いながらやっとのことで吉見の休憩所に到着。
今は工事中で、もうすぐキレイになるでしょう。
吉見の休憩所

休憩所の外は、こんな感じですが中は営業してくれています。補給食やチューブだけじゃなくて、クリートやアイウェアも売っています。

スゴイね!
空気入れや簡単な工具も貸してくれますよ。
休憩所の中

この吉見の休憩所がスタート地点です。
さあ走りに行きましょうか!
※この時点で既に50kmくらい。

 

まずは最初の目的地、石田堤です。
石田堤1

堤の跡があるくらいだろうと思っていたら、ここはいろいろあって面白い!

石田堤2

中に立つと石田堤を作った歴史のナレーションが始まります。
いきなり流れ始めたからビックリした。

石田堤3

ここでは作った石田堤の断面図が見れたりもします。

さあ石田堤を堪能したら、「のぼうの城」ライドの本番です。
水城公園でストップ。
水の中に浮いた城と言われた忍城ですからね、水が多いです。
水城公園

水城公園の名前から城が見たいね、と忍城へ急ぎます。

忍城

立派な天守閣!
お城を見るとテンションが上がってしまいます。
時間があれば中に入ってゆっくり見学したかったああ!

でもまだたくさん回らなくちゃいけないから。涙を飲んで次に向かいます。

実はお城を見たい一心で向かってしまったので、途中の見どころポイントを飛ばしちゃった。少し戻らないと。
間天神社 清善寺

佐間天神社と清善寺を眺めます。ここも元々は忍城の一部だったみたいで、この辺りの神社仏閣はそうみたい。

調べていろいろ回ったら楽しいだろうなあ。また今度来よう!

 

次からは自然を満喫するパートに入ります。
利根川の手前にはキタミソウの自生地があって、冬に花が開くそうです。もしかしたら見れるかなあ、と期待してたけど無理だった。

残念!

キタミソウ

 

サイクリングロードは利根川沿い。
ここはまだ河口から100km以上離れているのに、川幅がこんなにも広いなんて!

利根川は雄大だ!
利根川サイクリングロード

 

ヘルシーロードを使ってのんびりとスタート地点に戻ります。途中に見沼公園や古代蓮の里があったんだけど……。

コロナでお休み中……。アイスを食べようと思ってたのに。

見沼公園 古代蓮の里 

古墳まで戻ってきたら、64番のこのコースはゴール!
古墳 

既に100km以上走って脚がプルプルなのですが、こんなの見たら登るしかないですよね。登ると古墳から古墳が見える!

眺望

脚がプルプル子鹿モードなので、登るよりも降りるほうが大変!
だけど後ひと頑張りしないと帰れないからね。
下り 

35kmと、輪行してくればのんびり観光とゆるポタを楽しめるルートです。荒川からアプローチできるコースですから、脚のある人は自走でも楽しめるコースですね。

走りながらも話してたけど、やっぱり「のぼうの城」を観てからくればよかった。そうすれば観光がもっと楽しめそうです。ここは本当に時間作って、忍城の周りを散策してみたいな。

 

この走りをまとめた動画をアップしています。
https://youtu.be/MzfuT-r-q4U

別でブログにもしているので、こちらもどうぞ。
https://makireiya.com/post-4734

 


TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25360