• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(県北エリア) > 「のぼうの城」の歴史と利根の自然を満喫するルート【ルート18 走行時期:6月初旬 60代男性  自転車歴:10年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

「のぼうの城」の歴史と利根の自然を満喫するルート【ルート18 走行時期:6月初旬 60代男性  自転車歴:10年】

更新日:2018年11月26日(月曜日)

【プロフィール】
現在、折畳みでの輪行がマイブーム

 

今日は「のぼうの城(忍城水攻め)」の歴史を探りながら行田市ポタを行いました。
現在の行田市には利根川の大堰から埼玉用水路、見沼代用水路、武蔵水路とサイクリングには最高のロードがあり、とても楽しい地域です。

電車輪行を想定し、北鴻巣駅から「さきたま緑道(武蔵水路)」を走り出します。
早速、石田堤史跡公園に向かいます。

公園をぐるりと散策すると手作り堤防なんだってことが分かります。
石田三成らは、地形を見て忍城を水攻めすることにし、全長28kmに及ぶ堤をわずか一週間で作り上げたと言われています。
当時の土木作業には恐れ入りますね。石田三成が陣を置いた丸墓山(まるはかやま)古墳にも堤が残っていました。
忍城史跡に進んでゆきます。


現在の行田市街を走ると、当時を窺える石碑や見取り図が点在し、立派なお城だったのだなと感じてきました。

市街地を外れ、長閑な田園地帯から利根川の右岸に行きます。
利根川サイクリングロードです。

 


遠くから大きな水門が見えてきます。それが利根大堰です。
ここの水門にはアユ・サケの遡上を観察できる場所もあります。
県中央に向けて用水路が設けられ、ここは水資源と水害抑止の要なんだと実感します。


「古代蓮の里」へは「緑のヘルシーロード(見沼代用水路)を通って行きます。


古代蓮は6月後半には咲き誇るようなので、再訪ですね。

 07

そろそろサイクリングロード終盤で「さきたま古墳」に向かいます。



古墳時代から映画「のぼうの城」の戦国時代まで歴史を伝うポタリングでした。
最後に「高澤記念館」でのんびりしてください。
江戸時代の建造物で明治、大正、昭和、平成を見守った記念館です。
こちらのランチは味わい深いので是非。

 

Cycle-Ring(サイクルリング)
http://www.cyclering.com/modules/rec/detail-28468.html