• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」 ルートブログ(県南西エリア) > 新しい発見を探しに【ルート40 走行時期:12月上旬 30代男性  ロードバイク歴:6年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

新しい発見を探しに【ルート40 走行時期:12月上旬 30代男性  ロードバイク歴:6年】

更新日:2019年12月17日(火曜日)

【プロフィール】
ロードバイク歴6年。
ブルベやロングライドをメインで楽しく走り、美味しくグルメ楽しむのが好きなライダー&以前同じサークルで仲良くなったサイクル仲間。


自身がお世話になっている自転車サークルでも、よく走行している毛呂山・鎌北湖周辺。目的地のランチやスイーツ以外はほぼノンストップでサイクリングしているため、よく知るルートが多いけど、ゆっくり、ちょくちょく足を止めながら走ることで、今まで知らない一面に出会えたり、新しい発見ができるのではと、今回ルート40『ゆず香る歴史の町元気コース』を選択しました。

 

 

12月は日中の明るさと、寒さを考慮して9時30分頃の集合&スタートとしました。

スタート地点は毛呂山町中央公民館。

毛呂山町中央公民館

毛呂山はコース名のとおり、ゆずで有名な町。日本最古(奈良時代から栽培されていたと言われる)のゆずの生産地ともいわれる桂木ゆずのゆず畑を見に桂木観音方面へ向かいました。

シーズンのタイミングでしたが、収穫シーズンは終盤のようでゆず畑も少し寂しい感じでしたが、まだまだ大きなゆずが実ってる木もありました。

ゆず1 ゆず2

ゆず畑を越えると、本格的な上り坂に突入します。桂木観音のある展望台へと向かう曲り角まで約1.5キロ。まだまだスタート直後でもあり、元気にペダルを漕いで展望台へ向かう右折に到着。そして、ここでワンランクアップした急坂に突入。距離的には数百メートルですが、ちょっと無口で漕ぐこととなりました。無理せず降りて押す勇気も大事です。

桂木観音 展望

上ってきたかいがあり、展望台からの景色は、すごく良かったです。

この日は雲が多かったのですが、空から太陽が顔を出してくれたので、メンバーと景色をバックに写真撮影。

記念撮影

展望台をあとにして、少し進むと下りに突入。下り坂は道幅も広くなく、前方の視界もカーブで悪い上、前方から車両も来るので、十分減速しつつ次のスポットのローズガーデンへ。

ローズガーデンはというと、閉園中でした。ここは春と秋のバラ祭り以外は閉園なので、次は是非その時期に来たいです。

ローズガーデン 紅葉

ローズガーデンの近くを流れている小川のところの紅葉がイイ感じの色づきでした。

この先を少し下ったところでランチの予定でしたが、訪れた時間が11時前と営業前でしたので、ぐるっと鎌北湖方面を回ってから戻ってくることにしました。

 

鎌北湖へ向かうルートもイイ感じの上りが2つ、ゴルフ場の間を通る道と鎌北湖へ向かうところにあります。桂木観音の上りの疲れもあり、ゆっくりサイクリングで鎌北湖に到着。

鎌北湖1 鎌北湖2

12月ということもあり、紅葉も最終盤という感じで、キレイな赤から茶色がかってましたが紅葉もみじと湖は相性がよく、よい景色でした。

この寒さでは、湖の上で楽しんでる方は居ませんでしたね。春にはスワンボートレースなど楽しそうなイベントもある湖です。

 

鎌北湖の湖畔を抜けると、山道に突入。また上りの開始でした。

桂木観音のところの展望台に向かう坂ほどではないですが、急な坂道が1キロちょい続きます。他のメンバーとも上りきったところで、『普通に峠だね』と言うくらいでした。

左折したら、気持ち少しだけ上ったあとは下り坂突入。木々に覆われていて日陰となり、数キロの下り坂となるので、季節・気温によって、一枚上着を着るのが良いかもです。上りで温まった身体でそのまま下り始めたので、途中で寒いと感じました。

下りの途中で、立ち寄りスポットの『宿谷の滝』があります。この道は10回以上自転車で通ったことがあったのですが、今回初めて滝があることを知りました。

 

一旦自転車を降り、徒歩で階段を下り滝を見に行くことに。
正直、期待していなかったのですが、立派な滝が現れました。

滝1 滝2

水も綺麗で、夏なら足をつけたりして涼みたいなと思えるよい空間でした。

滝ロード 

ビンディングシューズだと、結構足元が滑ります。
手すりや鎖があるので、しっかり掴みながらゆっくり下れば危なくないので、本当におすすめスポットです。

 

お昼のイイ時間となったので、総合公園のところを右折せず直進方向に進み、最初に通ったゆず畑方面へ戻り『おたか本店』にてランチとしました。

おたか本店

お腹もすいていたので、自分は『きのこ天付きうどんセット』。メンバー2人は『ミニ天丼付きうどんセット』を注文。
ランチ1 ランチ2

ゆずが練りこまれたうどんは、ほんのりゆずの香りがし、ツルっとした触感のどごしでとても美味しかったです。セットメニューは運動してきた身体に嬉しい、ガッツリ量でお腹も大満足でした。

残りの行程や日暮れが早い12月ということもあり、自分たちは利用はしてないのですが、『おたか本店』には足湯があります。足湯には柚子が浮かんでおり、疲れた脚にはとても気持ちよさそうです。
足湯1 足湯2

食事とゆっくりした後は、サイクリングの後半戦スタート。
『新しき村』は独特な名称なので、どんな場所なのか興味深々の中到着。

新しき村

門が独特!!

新しき村を越えると、農道的な道に突入。ルート通り進んだのですが、舗装されてなかったり道幅も狭いため、不安を感じたら降りて進むか、この区間は迂回するのもおススメかもしれません。

鎌倉街道のところも、砂利道的のため急がず無理せずです。

特にこの日は落ち葉も多く、落ち葉の下がどんな状況か見えないこともあり、安全のためビンディングを外し、いつでも足をつける状態でゆっくり進みました。

鎌倉街道1 鎌倉街道2

箕輪田湖では、メンバーの自転車を並べてイイ感じの写真撮影。
湖ではたくさんの方が釣りをされてました。

箕輪田湖

 

箕輪田湖をあとにし、今回のサイクリングのゴールで最後のスポットとした『JAいるま野』に到着。

JAいるま野1 JAいるま野2

ゆず製品がたくさんあり、ゆずで有名な地なので、お土産購入とかにも最適ですね。
個人的にはゆず七味やゆずジャムが気になりました。

 

ここで、本来予定していたのですがランチでお腹が満足したため、一度スルーしたバウムクーヘン専門店『cocoro』へ行きました。
エッグバーム1 エッグバーム2

エッグバームを頂きました。
卵型のバームクーヘンに各種クリームが入っています。
コチラの店舗は、カフェではないので食べるスペースはありませんでしたが、すぐ頂くことを伝えると、親切に食べやすいようにカットしてくださいました。

順番的に変なタイミングで訪れましたが、ルートを半時計周り、スポット番号順に走っていると、総合公園のあとに訪れることできます。


各メンバーの帰路の距離と時間の関係で、今回の『ぐるさいサイクリング』はココで解散としました。

  

【感想】
鎌北湖や毛呂山周辺はよくサイクリングルートとして走っていたのですが、ゆっくり脚を止めたことがなかったので、今回走ってみて、ゆずが有名なこと、宿谷の滝などの名所スポットがあること、食事やスイーツのお店など新たな発見があり、今回同行していない仲間ともまた訪れたいと思いました。

健脚向けルートということもあり、距離的には長くないので峠という感じではないのですが、厳しい上り坂などがあり、何年もスポーツ自転車を乗っている身でも走りごたえのあるルートでした。

今回は素直に順に回る感じでサイクリングしたのですが、『cocoro』でちょっとしたスイーツを購入し、『宿谷の滝』や『鎌北湖』で景色を見ながら一休み&スイーツ、もう一走りしてランチに『おたか本店』、ランチ後残りのスポット巡りなど良さそうですね。

 

 

TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25327