• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(秩父エリア) > 嵐の過ぎ去った秩父で札所巡り 【ルート91 走行時期:10月下旬 20代男性 スポーツバイク歴:3年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

嵐の過ぎ去った秩父で札所巡り 【ルート91 走行時期:10月下旬 20代男性 スポーツバイク歴:3年】

更新日:2019年11月21日(木曜日)

【プロフィール】
週末100km以上のロングライドで、飯能・秩父辺りの山々で遊んでいることが多いです。


9月中旬に雨で断念、10月中旬に台風19号で2度目の断念、3度目の正直となった10月下旬、秩父の34札所巡りに行ってきました。

 

1番から順番通りに、あるいは西武秩父駅や道の駅を起点に回る方が多いと思いますが、今回は横瀬町役場から国道299号を芦ヶ久保方面へ行ったところにある看板をスタート/ゴールにしました。
スタート

近場の札所6番を皮切りに、反時計回りに走りました。

少し寄り道や台風の影響で通行止めがあったため、基本ルートよりかなり余分に走っていますが、天気も良く、久しぶりに気持ちの良いサイクリング日和でした。

ト雲寺

(自分達ルールとして、寺の名称と番号が分かる写真を撮って回りました。時間の都合上御朱印等は割愛でしたが、それでも時間はかなりかかりました。)

札所9番を過ぎて少し坂を登ると、有名な寺坂の棚田があります。この時期は稲刈りは終わってしまっていますが、棚田と武甲山が広がるアングルは素晴らしいです。
武甲山
 

更に北上して5番、4番、3番と回ってから2番の真福寺へ向かいますが、この南側からのアプローチがかなり強烈でした。600mと短いですが出水がすごく、平均勾配14%の滑りやすい九十九折が続くので、上りも下りも油断できません。行かれる際は気をつけてください。

 上り

なお、2番は納経所が光明寺という別のお寺で、真福寺のかなり手前にあります。札所だけが坂を上った先になります。

真福寺から県道11号へ降りる道は10月下旬時点で通行止めです。
通行止め

もと来た道を降り、迂回して1番へ。 

1番の四萬部寺では身代り供養の水子地蔵がありますが、ミニ地蔵をお持ち帰りすることもできます。

  地蔵1 地蔵2

 1番を出てからは更に北上、国道140号を少し走ります。時間の都合で割愛しましたが、この辺りから上れる美の山公園や、和銅黒谷の和銅遺跡も散策におすすめです。(10月下旬時点で美の山公園への南側道路は通行止め有り注意)

 

皆野町を通り過ぎ、県道44号/284号を西へ進むと34番です。水潜寺の名の通り滝や苔に覆われていて、滑るのでロードバイク用シューズの場合は注意が必要です。

水潜寺

 

公式のサイクリングルートでは284号を秩父華厳の滝まで行ってから戻り、県道37号を走りますが、今回はそのまま県道284号を西へ上りました。悪天候が続いたため、道は多少荒れています。道中、土砂崩れがあった跡もありました。(現在は復旧されています)

道中 景色

 

上っていくと天空の楽校というカフェがあります。屋外席でちまきを頂きました。角煮の他に海鮮などの種類があったり、バーガーやスイーツもあります。紅葉も少し始まっていますが、もう少しというところです。旧皆野町立立沢分校を転用しているとのことで、昔懐かしの物が置いてあったりもします。

カフェ 天空の楽校

景色 

 

お腹が膨れたところでそのまま県道284号を1km程進み、小道へ左折すると「天空のおやき」ののぼりが。しゃくし菜の入ったおやきです。今回は持ち帰りました。

  おやき

そのまま小道を下りていくと、相当な急勾配で下りていきます。最終的には県道286号に戻ります。上りはしませんでしたが、上りも下りもテクニックを要するので、自信のある方のみどうぞ。

 小道

 

南下して龍勢会館脇の交差点を横切り、33番を通りつつ、更に南下します。赤平川を渡ってすぐを左折すると、「ようばけ」とおがの化石館があります。秩父地方は地質学的に有名だそうで、様々な化石が発掘されていて、その展示があるのが化石館、また「ようばけ」は化石が多数発掘された崖の名です。右の写真の後ろに見えているのがようばけ。

  おがの化石館 ようばけ

 

化石館を後にしたらミューズパークを北西から上ります。本来は北口側から上がるルートですが、台風19号の影響で10月下旬現在、北口は通行止めです。そのため、北西側からアクセスし、23番の音楽寺へ。ミューズパークは銀杏並木の紅葉が見頃でした。

  銀杏並木

 

ミューズパークを南西側から降り、32番の法性寺へ。ここも少し山の方なので、若干の上り基調です。観音堂が山の斜面に食い込むように建っており、独特の雰囲気があります。奥の院はハイキングコースになっているようなので断念。

 法性寺1 法性寺2

 

32番から県道209号へ戻ると、すぐに般若の丘公園があります。先に挙げたような化石が発掘された生物の復元模型が置かれています。チチブサワラとパレオパラドキシア。でかい!

般若の丘公園1  般若の丘公園2

般若の丘公園3

国道299号を北西にそのまま進み、途中で31番の看板が見えたら右折し31番観音院へ。観音院も階段がすごくて上には上がりませんでした。門番の石仁王像は日本一とのことですが、大きさでしょうか。また、その手前にある地蔵寺がスゴイです。見渡す限りの地蔵、地蔵、地蔵。まさに地蔵寺です。

 観音院1 観音院2

 観音院3

国道299号に戻ったら、赤平川を渡り県道37号(皆野両神荒川線)を南下し、三峰口へ。早い時間であれば、途中に道の駅 両神温泉薬師の湯があります。三峰口駅へ着く頃には大分暗くなってしまいました。

道の駅両神温泉薬師の湯

三峰口駅からは一路東へ向かいます。30番へ寄る頃には真っ暗になり、段々肝試しじみてきました。(笑)

 法雲寺

ここからは真っ暗なお寺を回ることになりました。先にも書きましたが、立ち寄りスポットが多いので、ゆっくり回りたい方は2日程に分割することをオススメします。

 

30番から秩父鉄道沿いに影森駅まで東へ進み、29番、28番、27番、26番と回ります。28番は橋立鍾乳洞に隣接していて、岩壁を背負ったお堂が迫力あります。

 大渕寺

25番からは北上してミューズパークの東側を通り秩父市街へ戻っていきました。市街地の札所は遅い時間になると門が閉まってしまいますのでご注意。(こんな時間まで札所巡りをする方もあまり居ないと思いますが(笑)

17番の定林寺は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」(通称あの花)の劇中モデルになったお寺だそうです。じんたん(あの花の登場人物)のマンホールがあります。

 

定林寺 マンホール

12番のは入り口に生身の観音様が鎮座しており、夜に来るとかなり雰囲気があります。正直ちょっとびっくりしました。

 野坂寺

以降は暗いお寺の写真が続いてしまったので割愛しますが、なんとか札所を回って、スタート地点に21時半頃戻ってきました。

横瀬駅から終電(22時23分発)にて撤収です。

 

丸一日、濃いライドができました。

重ねて述べておきますが、ボリューミーなルートですので、物好きな方は1日で回って見てください。

ゴール

今回の走行ログは以下です。
走行ログ

走行距離:137.0km、獲得標高:1997m、合計時間:13h13min

また、走行動画を撮影してまとめたものをアップしていますので、リンクを貼っておきます。https://youtu.be/5hgHKtzRz9o

 

 

TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25396