• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(秩父エリア) > トトロの供養のために選んだ札所巡り チャリ旅おぢさん秩父札所めぐりの珍道中【ルート91 走行時期:9月下旬 60代男性 ロードバイク歴:3年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

曼珠沙華2

トトロの供養のために選んだ札所巡り チャリ旅おぢさん秩父札所めぐりの珍道中【ルート91 走行時期:9月下旬 60代男性 ロードバイク歴:3年】

更新日:2019年12月6日(金曜日)

【プロフィール】
フォールディングバイク歴4年。ロードバイク歴3年。
奥の細道の旅(平成16年~18年)2400キロの旅。
四国一周+佐田岬往復(令和元年8月)1100キロ等完走。


早朝6時過ぎに拙宅を出発して秩父に向かいました。

今回札所巡りをするにあたって、どうしても定峰峠越をして秩父に行きたかったのは、昨年の秋に見てきた「トトロ」の苔絵がどうなっているかを確かめたかったからです。

口コミで広まった「トトロ」がサイクリストの中では名所スポットの一つになっていました。

この苔絵を描いたのは某美術大の女学生です。バイクで旅をするのが好きだった彼女は定峰に通じる苔壁を削って絵を描くことを思いつきました。でも、それが器物損壊等の軽犯罪に問われないかを考慮して、警察にそれを確かめたそうです。壁に絵を描くのはまずいが苔を削るならばそれには当たらないとの回答を受けてせっせと足を運び仕上げた作品だったのです。

そうして出来上がった苔絵はかなりのクオリティで、地域でも評判になり、これを目当てに訪れる人も増えて行ったのです。

totoro

しかし、作者の彼女が大学を卒業し、就職をすると描き手がいなくなった苔絵の周辺は、絵心もない者たちのただの落書き場となり、クオリティは下がって行くことになりました。

その噂を耳に、かつてのサイクリストの夢の跡地に足を運んでおきたかったのです。

絵 

その苔絵は1年前のそれとは比べるまでもなく朽ち果てていました。削られることのなくなったトトロは苔の中に埋没し昔日の面勧化がぼんやり残るばかりでした。

そのトトロの供養のためにもこの札所巡りは意味があるとペダルを踏みました。

一番札 

まずは一番札のいわゆる経山 四萬部寺で巡礼グッズをGETして記念撮影。

白衣と輪袈、袈裟は走る時邪魔になるので身につけたのはこの時だけ。不心得者でごめんなさい。

すでにヒルクライムを入れて29キロを走っているので、結構脚にき始めてます。

 

各札所に設置された秩父札所サイクルラリー看板の巡礼ポイント用バーコードを読み取ると、各札所の見どころ情報やチェックインポイント、ちちぶに関連したコバトンスタンプをゲットできるとのこと。

看板 標識

道の途中にこういう標識が至る所にあるのでそれを参考にしながら旅を進めることができます。

曼珠沙華

旅の途中で見つけた小さな秋胡桃&曼珠沙華

寺の入り口で胡桃の無人販売がされていました。購入して食すのも供養の一つといただきました。

一方見る者の悪業を払うといわれ、天人が雨のように降らすという言い伝えのある曼珠沙華(彼岸花)。今年は残暑が長く、彼岸が過ぎについに開花。ちょうど見ごろの時期に出会うことができました。

曼珠沙華2

 

寺

六番 向陽山 卜雲寺、七番 青苔山 法長寺、八番 清泰山 西善寺

それぞれのお寺で見つけた小さな秋の兆し。もう少し季節が進めばもっと見ごたえがありそうでした。

tera  

九番 明星山 明智寺、十番 万松山 大慈寺、十一番 南石山 常楽寺

 

寺

十二番 仏道山 野坂寺、十三番 旗下山 慈眼寺、十四番 長岳山 今宮坊

 

寺

十五番 母巣山 少林寺、十六番 無量山 西光寺、十七番 実正山 定林寺

 

寺

十八番 白道山 神門寺、十九番 飛渕山 龍石寺、二十番 法王山 岩之上堂

 

寺

二十一番 要光山 観音寺、二十二番 華台山 童子堂、二十三番 松風山 音楽寺

 

寺

二十四番 光智山 法泉寺、二十五番 岩谷山 久昌寺

ここまで昼もコンビニのパンをかじりながらの無休の行軍を経て、怒涛の札所巡りをしましたが、さすがに25番札所に至ったところで日も落ち始め、疲れ切ってしまったため今回のサイクリングは打ち切り。次回の機会につづきを行うことにしました。

お疲れ様 

浦山口駅近くの不動名水にたどり着きました。

武甲山地中の石灰岩から流れ出ているそうで、日照り続きでも絶えることなく、大地震の前にはこの水が白濁した事から、ここに不動尊を祀ったといわれています。ここで水分補給をして帰り支度。

不動名水 

フォールディングバイクのいいところはすぐに折りたたんで輪行準備ができること。

まだ全てを回り切っていないのでいささか秩父に後ろ髪をひかれながら秩父鉄道に乗り込みました。

輪行 

TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25396