• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(県北エリア) > 埼玉農業の歴史を学ぶルート(秋編)【ルート3 走行時期:11月上旬 50代男性  自転車歴:15年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

17コスモス

埼玉農業の歴史を学ぶルート(秋編)【ルート3 走行時期:11月上旬 50代男性  自転車歴:15年】

更新日:2019年11月25日(月曜日)

【プロフィール】
自転車歴15年(ミニベロ、ロード)
ヒルクラ(富士(ブロンズ)、榛名、乗鞍、赤城、箱根)
輪行(阿蘇、ビワ一、富士一、蕨-直江津、しまなみ5回)


学生時代に、社会人の自転車クラブでツーリングを楽しんでいた頃もありました。15年前に再び乗り始め、初めの頃は緑のヘルシーロード、芝川を何回も利用したことがありました。最近は少しご無沙汰でしたので埼玉県の秋の魅力を再発見することにしました。

0map 

スタート(利根大堰)~終点(都市農業公園) 

地図を見ると埼玉県はラクダの頭みたいですね?今回はラクダの頭を縦断します!地図の北側、利根川と見沼用水路の合流地点、利根大堰(おおぜき)スタートです。

1healty

緑のヘルシーロードの案内板です。わかりやすいですね。江戸時代に見沼の干拓事業を進めた井沢弥惣兵衛(いざわやそべえ)は、多くの困難を乗り越え、干拓事業を完成させたそうです。

2tone 

利根大堰とマイバイク!

3tonegawa 

利根川沿いには利根川サイクリングロードがあります。

4kanban 5大堰

6行田

行田サイクリングセンターにはトイレや自販機があり、ゆっくり休憩できます。

7見沼 

見沼公園。きれいなトイレがあります。

看板

行田市にある「古代蓮の里」への案内標識。距離が書かれていました。サイクリングロードからは1.5kmほどで気軽に立ち寄れる距離です。残念ながら今回は時間の都合でいけませんでした。

9 

ヘルシーロード沿いには、利根大堰からの距離が1kmごとに表示されています。
頑張ります!

10柿 

秋の味覚 柿です!おいしそう。

11弁財天 12弁財天

見沼弁財天(星川弁天):井沢弥惣兵衛(いざわやそべえ)は、見沼開発の際に水路沿岸要所に弁財天社をお迎えし、水路の平安と豊作を祈願したそうです。

13稲刈り 

農業用水として利用されている見沼代用水路周辺には、このような田園風景が広がっています。今は稲刈りのシーズンです。

14野焼き

田んぼの中から白い煙がもくもくと上がっています。何かと思ったら稲刈り後の、野焼きです。自転車に乗っていても遠くから藁?を燃やす臭いがしてました。

15

利根大堰から25kmの標識。ヘルシーロードの中間地点です。定期的にこのような標識が現れるので、もう一踏ん張りという気持ちになります。

16コスモス 

秋桜(コスモス)畑です。さだまさし(山口百恵)の歌詞を思い出します。

♪♪淡紅(うすべに)の秋桜(コスモス)が秋の日の
何気ない陽溜(ひだま)りに揺れている・・・♪♪年齢がばれます。。

17コスモス 18見沼

途中、石畳?区間があります。ヨーロッパのクラシックレース、パリ〜ルーベ (Paris - Roubaix)のような気分を味わえます。落車したら痛そうです。

19通船掘り 20通船掘り

見沼代用水と芝川とを結ぶ閘門式(こうもんしき)運河です。見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)は、国指定史跡で、パナマ運河と同じ方式の運河です。開通したのは享保16年(1731年)でパナマ運河よりも180年早かったそうです。江戸との物資の輸送に使われていました。江戸時代から昭和初期までお米を運んでいたそうです。

ヘルシーロードは見沼通船堀で終わりです。

21芝川

新芝川沿いの芝川サイクリングロード。川風を気持ちよく受けました。ラストスパートで終点の都市農業公園を目指します。

22取れたて 

到着!終点 足立区都市農業公園。「自然と遊ぶ、自然に学ぶ、自然とともに生きる」をテーマにしている公園です。入園料は無料です。水田や畑を利用した農業体験教室もあるようです。


(まとめと感想)

用水路と畑、田んぼを眺めながらのサイクリングでした。利根大堰(おおぜき)を見て、農業は水が有ってこそとあらためて感じました。また台風19号の過ぎ去った後で各地の被害が多いとニュースで聞いていたので、今日は途中で断念する覚悟でしたが、緑のヘルシーロード、芝川は大きな被害も見受けられず、改めて治水がしっかりしており、埼玉県を守ってくれた事が実感できました。

久しぶりに芝川とヘルシーロードを走りましたが交通量も少なく、全線舗装されていて走りやすいです。埼玉県の秋を十分に満喫することができました。

最後にサイコンのサマリーを掲載します。(利根大堰→都市農業公園)

23マップ 24まとめ 

(感想)

幼い時から埼玉でスポーツ、勉強とたくさんの自然の中で育ちました。思春期には埼玉を毛嫌いした時期もありました(自然いっぱい=田舎=情報が少ない)。そして高校、大学と都内に通い。大学卒業後、就職して他県(栃木、香川)、海外(米国)で暮らしてみると、だんだん埼玉県の良さがわかってきました。35歳ごろ戻り、現在も埼玉で暮らし都内に通勤しています。

昨今は情報、交通のインフラの発展で何処にいても同じ情報が時間を掛けずに入手できる環境が整い、ビジネスは都心、余暇は田舎で暮らすと言う生活が定着してきました。遠くは長野県、群馬県、栃木県、静岡県から都内へ通勤する人もいるぐらいです。埼玉県は都内にも近く、今回の自転車での体験を読んでもらえば分かる通り、ちょっと走れば古き懐かしい環境がまだまだたくさんあり、そんな埼玉県が素晴らしく思え、誇りを持って暮らしています。もっともっとこの素晴らしい埼玉県をたくさんの方に知ってもらいたいと常々思っていました。そして私の趣味である自転車でその魅力を伝えられれば最高と思ったのが応募するきっかけです。もっともっと素晴らしい埼玉県になってもらえればと思っています。


TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/30645