• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(秩父エリア) > 美味しいものいっぱい食べながら東秩父の峠に挑戦! 【ルート54 走行時期:10月上旬  ロードバイク歴:20年 50代女性】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

10白石下

美味しいものいっぱい食べながら東秩父の峠に挑戦! 【ルート54 走行時期:10月上旬  ロードバイク歴:20年 50代女性】

更新日:2019年10月25日(金曜日)

【プロフィール】

トライアスロンをきっかけに自転車を始めました。一番の苦手種目でしたが、最近はトレーニングよりもポタリングを楽しんでいます。


今回は自転車仲間の男性2名にお供いただき、10年ぶりに奥武蔵の峠にチャレンジ!峠を巡りながら小川町と都幾川のおいしいものを目指しました。

メンバーは上尾在住のヒルクライマー(実はおいしいものハンター)と、東京湾を望む都内に住むトライアスリート(正体は日本酒ハンター)の頼もしいおふたりです。

都内の朝の天気は雨模様。迷いましたが、思い切って小川町まで一気に輪行することにしました。池袋7時40分の急行に乗ると9時前に小川町に到着します。

手前の森林公園付近では大雨で不安がよぎりましたが、小川町では雨は上がっていました。

1輪行

行きの輪行は初めてですが快適でした。

集合は小川町駅前にある楽市おがわという観光案内所。こちらでは観光案内以外にママチャリの貸し出しや荷物ロッカーを無料で利用することができます。

仲間のひとりは上尾から自走してきて雨に濡れてびっしょりでしたが、天気は曇り。山は雲に完全に隠れていて、天気が崩れないことを祈りながらスタート。

2小川 

「楽市おがわ」 駅から徒歩1分です。

県道11号を西に進み、駅から3キロほど、パトリア小川の近くに「矢岸橋」という槻川にかかるレトロな歩道橋があります。土木学会の近代土木遺産で、昭和46年に現在の場所に移設されたそうです。このあたりは春には桜もきれいです。

2橋

「矢岸橋」 大正12年に竣工

今の季節は小川町では至る所に彼岸花が咲いています。鮮やかな赤い色に癒されながら国道をさらに進みます。

3ヒガンバナ

彼岸花かと思ったら訓練中の消防車。彼岸花と消防車の赤、鮮やかです!

和紙の里を目指す前に和菓子の小松屋本店に立ち寄り。暑い季節には凍った生クリーム大福が人気です。ジャージのポケットにいれて峠を登ると、頂上で食べ頃になっているそうですが、遅い私の場合は溶けすぎてしまうかも?

4コマツヤ

「小松屋本店」朝8時半から営業しています。

6ツル

「つる」というお菓子が一番古くからあるお菓子だそうです。

以前東秩父農産物直売所は県道沿いにありましたが、今は和紙の里と同じ場所にあります。和紙作りやそば打ち体験ができるそうですし、新鮮な農産物の品揃えは近隣の直売所でも群を抜いている気がします。フードコートでは手作りおやき、イワナの塩焼きやうどんもいただけます。

今回は峠を登る前というのに栗を買ってしまいました。1キロ以上ありますが・・・。

6和紙の里

「道の駅 和紙の里ひがしちちぶ」 駐輪場、きれいなトイレ完備です!

県道をしばらくいくと落合という交差点があります。そこを左折するといよいよ定峰峠に向かいます。本格的な登りが始まる前に白石バス停で休憩。ここから5キロほどの登りです。最後にこの坂を登ったのは10年前位なので・・・ちょっと不安。

でも定峰峠は他の峠よりも比較的斜度が緩めだったことと、小川町スタートで脚がまだまだフレッシュだったので楽しく登ることができました。

定峰峠を登ると天気は薄曇りで雨は全くなし。このあたりも桜が有名です。4月下旬が見ごろだったような?

7定峰

峠の茶屋は営業していました!

定峰峠から白石峠まで距離は短いですが、意外にきつい!白石峠につくと日差しもでてきました。そういえばこの夏はかなりの晴女だったので、そのパワーはまだ継続中のようです。このまま天気もってほしい! 

8白石 

白石峠 天文台はここから2キロ!

白石峠まで登ることができて欲が出てきました。堂平天文台のバナナジュースがおいしいと聞いたような?脚を延ばすことにしました。天文台までは比較的緩やかな登りです。

再び霧で真っ白になってきて、天文台からの見晴らしはゼロ。天文台は天気のよい土日に開いていて、見学も可能だそうですが、今日は天気が悪い日ということみたいです。ここはキャンプ場や宿泊施設があり、ブルーベリージャムののぼりを見かけてそちらに立ち寄り、ジャムをゲット!

9天文台 

今日は雲の中でしたが、きっと星空も眺めもきれいでしょう。

一旦白石峠に戻り、都幾川方面に下ります。雲の中を降りている感じで、視界も悪く、とにかく寒い。下りきった時にはウィンドブレーカーを着ていたのに身体が冷え切っておりました。

10白石下

都幾川から白石峠の登り口です。

温かいものがほしい!ということで、ホットな豆乳を急遽目指すことに。途中にはうどん屋さんのトトロを発見!10年前にもあったと思うので、ちゃんと手入れしているのでしょうね~。かわいい!

11トトロ

「裏山のトトロ」古民家を移築したうどん屋「やすらぎの家」のお隣です。

豆乳は少しコースを外れて、「とうふ工房わたなべ」でいただきました。豆乳ソフトクリームや豆乳ドーナツが人気です。豆腐の試食も楽しい。都幾川の美味しい地下水も自由に持ち帰ることができます。今日はホット豆乳で一息。

12豆腐 

豆乳ソフトに醤油をかけると最高ですが、今日は暖かいものを。

少し温まるとお腹が空いてきたので、豆腐わたなべから通りを挟んだうどん屋さんの「しいの木」に。古民家風のお店で、うどんのお味はもちろんのこと、ランチの味もボリュームも抜群です。

12椎の木

「しいの木」日替わりランチはアジフライでした。お腹いっぱい!

都幾川までめったに脚を延ばせないので、近所にある和菓子屋の前澤屋さんにも立ち寄りました。ドームくんサブレ、おいしいです。赤飯まんじゅうはお赤飯の中にお饅頭がはいっているという素敵なコラボ。

13前沢 13前沢

「比企がたり本舗 前澤屋」人気のドームくんサブレ

赤飯まんじゅうはお気に入りの補給食です。

 

さて・・・ここまでで時間は2時過ぎ。最後に松郷峠を越えて小川町を目指します。松郷峠は2キロほどの短い峠です。車通りは少し多いですが、ほどよい斜度と距離なのでお気に入りです。峠を降りると素通りできないおやつポイントが・・・。酒蔵の帝松さん。暑い時期はここで甘酒かき氷や大吟醸ソフトを必ずいただきます。かき氷のシロップは手作りで最高です。今日は涼しいので、暖かい甘酒をいただきました。

14帝松

「帝松 松岡醸造」仕込み水も美味しいです。2月の酒蔵祭りに行ってみたいけど、自転車では飲めないですね。

帝松から小川町駅まで2キロ程。楽市おがわで荷物を受け取ってゴールしました。

結局、雨には全く降られず、おいしいものいっぱい食べて、お土産も買って楽しい1日でした。やっぱり奥武蔵好きです~。

いつもは都内に在住のため小川町まで自走すると90キロ・・・最近は小川町で力尽き、峠にチャレンジできずに帰りは輪行というパターンでした。行きも輪行は初めてでしたが、往復ともゆっくり座ってラクチンです。これなら奥武蔵グリーンラインをもっと先まで楽しむことができそうです。新しいお店もたくさん見かけたので次回は立ち寄ってみようと思います。

15お土産 

本日のお土産は、道の駅の栗、天文台のブルーベリージャム、小松屋さんのつる、前澤屋さんの赤飯まんじゅうでした。

 

今回は東秩父の峠挑戦38キロのルートを巡りましたが、寄り道したので今日は57キロ程。

自宅には6時前に帰り、1時間半かけてすべての栗を剥き、秋の味覚をさらに堪能いたしました。大満足です!

四季折々楽しめますので、皆様もぜひお出かけください。


【TABIRINサイクリングファンのための情報サイトコース紹介】
https://tabi-rin.com/archives/course/30686