• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

駅

ゆず香る歴史の町元気コース【ルート40 走行時期:9月上旬 40代男性】

更新日:2019年10月10日(木曜日)

【プロフィール】
2004年夏 自転車で日本縦断(宗谷岬~佐多岬)。
それ以降自転車の魅力にとりつかれ、ロードバイク、MTB、シクロクロスなどのイベントに参加。カフェライドが趣味。


暑い8月も終わり、少し涼しくなったところで、毛呂山町へサイクリングに出かけました。

私の住んでいるところは横浜です。車で毛呂山町に行くか、それとも自走して片道60km走って行くかどうしようか迷いましたが、友人が途中で合流してくれるし、道中楽しくなりそうだから自走で行くことにしました。

さて、毛呂駅に到着。駅舎とホームがこんなにいい感じ。ローカルな八高線の風景に懐かしさを感じながら、スタート地点の東毛呂駅に向けて走り出しました。

駅

最初の目的地は桂木観音に設定

駅から深い緑の山の方へ向かって走ります。走りはじめは10時30分ぐらい。

ポイントポイントに「ゆず香る歴史の町げんきルート」の看板があるので、地図を見なくても迷わないように工夫されています。

 

桂木観音まで約4km結構近いなあ。でも急な傾斜が。

柚子の町だけあって、柚子の木がたくさん。11月下旬ぐらいになったら、香りに満たされながらのサイクリングもいいなあ~と思い、ペダルをクルクルとまわして進みます。まちのにおいから少しずつ山のにおいに変わってきました。横を見ると桂木川とゆずの木がたくさんあります。沢山橋がかかっており、よく見るとつり橋のようなもの、石橋のようなもの、個性的です。

オブジェ2 橋3

段々傾斜がきつくなり、最後はシッティングとダンシングを繰り返して汗をかきながら桂木展望台にたどり着きました。関東平野が一望のもとに見渡せ、天気の良い日はなんとスカイツリーまで見えるそうです。桂木観音は古くに建てられたもので、1000年以上の歴史があります。行基や奈良とも関連のある史跡なのですね。なんだか深い歴史を感じます。

山4 展望台5

門6 観音7 

美味しい!これがゆずうどんか。

さて、山を登ったら少しお腹が空いてきました。桂木観音から山道をアップ、ダウンと繰り返しながら走っていてようやく下り、人里が出てきたところに足湯が。「おたかの足湯」少し止まってみようかということで、自転車を止めました。ところでこの場所「柚子の郷製麺おたか本店」で、お腹も空いていたし丁度良いと思いお店に入ることに。僕らは「もりうどん」を注文しました。もちろんゆずうどんの麺です。喉越し清涼感どれをとっても気持ちよくスルスルと喉にはいっていきます。その後に柚子の風味がたくさん広がっていきます。そして味も最高。控え目に言ってもすごく美味しい。こんな美味しいうどんがあったとは。僕にとって今年一番のうどんでした。お土産に買って帰ることも可能。お腹いっぱいになったところで、足湯を堪能しました。足を休ませるにはちょうどよい湯加減でした。

この桂木のゆずは日本における最古の柚子の生産地なんですね。

うどん8 足湯9

足湯10

なんと気持ちのよい滝が!

さてお腹一杯で眠くならないうちに鎌北湖へ。傾斜もゆるくあっという間にたどりつきました。鎌北湖はスワンボートや、釣りのお客さんがたくさんいました。なんとなくこじんまりとしていていい雰囲気です。ここでヘラブナや冬はワカサギ?なども釣れるようです。そのあときつい斜度がでてきたので、ダンシングとシッティングを繰り返して上ります。こういう山があると走り応えがあり、景色も楽しく見えてきます。下っている最中宿谷の滝の看板があったので、自転車を置いて滝まで見にいきました。走ったのは9月の上旬でとても暑かったので、この滝の清涼感は素晴らしかったです。子どもたちもこの滝のところで少し水遊びをしていました。少し汗を流すには大きさも丁度良い滝。心と体が洗われました。

(写真があったのですが、子どもたちが写っていたので載せませんでした)

鎌北

平坦のステージ

宿谷の滝の後は平坦のステージ。山のステージから離れ、風景も変わってきます。9月ということもあって稲穂が実り、黄金の景色にと変わっていきました。風もさわやかで、少し疲労をかかえた脚にはちょうどいい道になりました。このコースはなんだかバランスがいいなあと、走りながら感じました。新しき村に入り雰囲気が少し変わります。線路を越えて村に入り立ち止まったときに、稲穂が実るなんともいえない豊かな田園の風景がそこには広がっていました。これだけでも見れるのは最高の幸せです。実りの秋が来ていますね。

踏切12 田園13

終盤に出てくるグラベル

走っていて思ったのは、歴史民俗資料館周辺からグラベルの道があったのが印象的でした。グラベルの道は走るだけでなんだか、冒険心が出てアドベンチャー的な気分でワクワクしてしまいます。1km程度の道ですが高い木に囲まれた中で走るグラベルは楽しいのひとこと。最近グラベルロードバイクが流行ってきているからそういうバイクを使えるのもいいですね。ちなみに僕らは小径車とロードバイクで走りましたが全く問題はありませんでした。誰でも走れるような道です。今度はグラベルロードバイクを持って来たいなあと思いました。

グラベル14

毛呂山町周辺を走る「ゆず香る歴史の町元気コース」は

ゆずの香りを味わい、名所を巡りながら歴史を知り、体をたくさん使って元気になるという。まさにちょうどコースタイトルの名に合った体験をすることができました。

私は埼玉に少し住んだことがありましたが、少し進んだところにこんなにも魅力的な場所があるなんて知りませんでした。ゆずうどんは絶品で誰にでもおすすめしたいです。体力に自信のある方は是非是非走ってみてはいかがでしょうか。 


TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25327