• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」 ルートブログ(県南西エリア) > BIG 公園巡りルート【ルート5 走行時期:9月上旬 40代女性  ロードバイク歴:8年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

白いヒガンバナ

BIG 公園巡りルート【ルート5 走行時期:9月上旬 40代女性  ロードバイク歴:8年】

更新日:2019年10月9日(水曜日)

「ぐるっと埼玉サイクリングルート100」の中から、「BIG公園巡りルート」を走りました。このルートは道の駅「いちごの里よしみ」をスタート・ゴールに、吉見総合運動公園・森林公園・さくら堤公園などを巡る総距離39キロのコースとなっています。

このコースの特徴は、ほとんどアップダウンのない平坦ルートであることと、いくつかのサイクリングロードをつないで走るため、とても走りやすいルートになっています。39キロは初心者にはちょっとハードルが高く感じる距離かもしれませんが、自分のペースで走ること、休憩をこまめにとることなどを意識すれば、決して難しい距離ではないと思います。

道の駅 

スタートは道の駅「いちごの里よしみ」。駐車場・レストラン・農産物販売所・トイレ・子ども向け遊具など、広い敷地に十分な設備が整った施設です。

ラック 

サイクルラックも完備。たくさんのサイクリストが利用します。

朝食 

というわけで、走る前に腹ごしらえ!「ホームベーカリーKITAOKA」で野菜たっぷりのサンドイッチと吉見町のB級グルメとして売り出し中の「あぶら味噌パン(写真左)」いただきました。

パン 

「あぶら味噌パン」とはナスや肉を甘じょっぱく味噌で炒めたものをパンで包んだもの。この甘じょっぱさは結構くせになります。

川幅日本一 

道の駅を出発して荒川方面に向かうと「川幅日本一」の看板が!ちなみにここから荒川サイクリングロードに入ると、日本最長川幅2537メートルを計測した地点を示す看板も見ることができます。

吉見 

吉見総合運動公園の公園管理事務所

荒川サイクリングロードに入り1.5キロくらい走ると「吉見総合運動公園」があります。しかし、サイクリストの間では公園よりも「公園管理事務所」の方が有名(笑)。お菓子やカップラーメンなどの軽食や、パンク修理用のパーツが売っています。テラスではベンチに座って談笑するベテランサイクリストの姿が!

荒川水管 

荒川水管橋

吉見総合運動公園から走り出すと、すぐに前方に印象的な赤い橋が見えてきます。全長1101メートル、これまた日本一の長さを誇る「荒川水管橋」です。記念撮影におすすめ!

県道 

荒川水管橋をすぎたところで川沿いの道から一般道に入ります。写真は県道307号(福田鴻巣線)の分岐です。分かりづらいですが、写真中央に自転車向けの案内看板があり、森林公園への方向を示しています。

案内看板にそっておよそ5.5キロ、森林公園に向かって走ります。

しかし暑い…。ちなみにこのルートを走った時は、残暑の厳しい9月7日。気温33度!

川沿いを走っている時は、多少なりとも川風が吹いていましたが、一般道に入るとアスファルトの照り返しでじりじりとした暑さを感じます。

森林公園までの間、休憩ポイントはコンビニくらいしかありませんので、疲れを感じたらすぐに休憩や補給食(※)を取りましょう。

※補給食:自転車は意外にカロリーを消費する運動のため、きちんとした食事をとる合間にもちょこちょことカロリーを摂取するのがよいと言われています。慣れている方は栄養補給のためのゼリーやパワーバーなどを常に携帯しており、それらを補給食と呼んだりします。

県道 

森林公園に向かう県道307号

道は森林公園に向かうにつれ軽い登り坂。

暑さのためか、うっかり森林公園中央口の写真を撮り忘れていますが、中央口付近の登り坂がこのルート最大の登り坂です。短い区間ですので、初心者の方はちょっとだけ頑張りましょう。 

登りが終われば後はご褒美の下り坂!スピードに気をつけて気持ちよく下ってください!

下りきったところを東松山方面に進みます。

森林公園 

森林公園南口

森林公園中央口を過ぎて1キロ以上走ったところに今度は南口があります。ちなみに森林公園にはこれ以外に西口・北口があり、その総面積はなんと304ha…森林公園どんだけBIGなんだ!!

ちなみに今回のルートは森林公園の南側半分しか走りませんが、北側も併せて走ると森林公園の大きさを感じられると思います。

サイクリングロード

森林公園から森林公園駅まで続くサイクリングロード

森林公園から最寄りの東武東上線「森林公園駅」までは、街路樹の中を走る素敵なサイクリングロード!

写真のとおり歩道(写真左側)と自転車道(写真右側)が分けられているため、とても走りやすい作りになっています。 

さて、この辺りでそろそろお腹がすいてきました。

周辺のグルメ情報を調べると……おおぉぉ、出てくる出てくる、ラーメン・焼肉・ステーキ・和食・インドカレーなどなど。

森林公園駅から東松山IC(インターチェンジ)周辺は、国道沿いにさまざまなグルメ店が立ち並ぶスポットなので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ランチ 

大ボリュームの刺身定食1000円!

この日は東松山ICを国道254号線に入り東へ1キロちょっと、「そうま東松山店」でお昼にしました。

ランチ限定の刺身定食を注文すると……なんか……すごいの出てきた!!

刺身4種の盛り合わせ(しかも極厚!)とご飯、あら汁、お新香、これだけのセットでなんとお値段たったの1000円!!!

お刺身も本当に新鮮で美味しくて…、個人的には汁物があら汁なのが、相当ポイント高かったです。「そうま東松山店」さんごちそうさまでした!

さて、お腹が満たされたところでルートに戻ります。道はちょうど半分を少し過ぎたところ、少しペースを上げていきましょう!

関越自動車道の側道をしばらく南下、高坂駅を回り込むように走ります。

このあたり、とくに「高坂神社(東)」交差点周辺は交通量がとても多く、また大型ショッピングセンターがあるために駐車場に出入りする車が、頻繁に横断してきます。注意して走行してください。

高坂神社

高坂神社(東)交差点周辺は交通量多し!

大型ショッピングセンター群を抜けると「早俣橋」を渡り都幾川を越えます。川を越えてすぐ左折すると安藤川沿いを走る「比企自転車道」に入ります。

比企 

比企自転車道の入り口

なお、比企自転車道とありますが、実際の案内としては単に「自転車道」や「川島こども動物自然公園自転車道」となっていることがほとんどです。また、荒川沿いの自転車道に比べると、落ち葉や折れ枝が道に散乱していることが多いので、安全に通行してください。

梅の木 

梅ノ木古凍貯水池

梅ノ木古凍貯水池が見えてきました。池のほとんどが太陽光パネルでしょうか、水面一面が覆われています。

うめのきかん

梅ノ木古凍貯水池のほとりの案内看板

貯水池を進むとこの先の自転車道が未整備のため、一般道に迂回する旨の看板があります。

ただ、私が走った時は、そのまま直進しましたが、とくに問題なく市野川の川沿いの自転車道にすぐにアクセスすることができました。
その時々の状況に応じて走行してください。 

さて、ルートもいよいよ終盤です。終盤の見どころはなんといっても「さくら堤公園」!
市野川沿いを進むと再び荒川サイクリングロードに戻ってきます。そしてそこは知る人ぞ知る桜の名所「さくら堤公園」です。

桜並木 

さくら堤公園のサイクリングロード。両脇には桜並木が続く

この公園、荒川を拠点に走るサイクリストの間ではつとに有名。というのも、堤の上を約1.8キロにわたってサイクリングロードが続き、その両脇には見事な桜並木が延々と続くのです!
つまり、サイクリングを楽しみながら、お花見を満喫できるという大変貴重なスポット。

しかもこの公園、見どころは桜だけではありません。

ヒガンバナ

さくら堤公園の彼岸花

9月7日は、少し時期が早かったですが、ここは彼岸花の群生地としても有名です。

サイクリングに最適な春・秋に見ごろとなる桜、そして彼岸花、どちらも楽しむことができるなんて、サイクリストとしては本当におすすめしたいスポットのひとつです。

そしてこの日の「奇跡の一枚」!
早咲きの白い彼岸花が咲いていました!

白いヒガンバナ 

さくら堤公園の白い彼岸花

道の駅

道の駅いちごの里よしみ

さくら堤公園を抜けるとゴールは目の前ですよ~!
もうひと頑張り!

ソフトクリーム 

いちごソフトクリーム

道の駅「いちごの里よしみ」に帰ってきました。お疲れさま~!
さあ、頑張った自分にご褒美です!
道の駅名物「いちごソフトクリーム」!
これ、いちごの甘酸っぱさが効いていて、疲れた体にしみます。ほんとにおいしい♪

さて、「BIG公園巡りルート」を走ってみました。
公園と公園をつなぐサイクリングロードはそれぞれ特色があって、走りながらそれを比べてみるのもなかなか面白いと思います。
ルートの見どころを「花」にするのもよし、「グルメ」にするのもよし、走る方の目的によって変化させられるのも、このルートの良い点だと思いました。
個人的にはやはり桜の季節の「さくら堤公園」がおすすめですが、サイクリングロード沿いは季節を通じてさまざまな野花もたくさん見られますので、ぜひ季節を問わずお出かけください!


TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/30656