• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(県北エリア) > ママチャリで行く!熊谷南部荒川ふれあいルート【ルート75 走行時期:9月中旬 40代男性 自転車歴:ママチャリのみ】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

後半戦

ママチャリで行く!熊谷南部荒川ふれあいルート【ルート75 走行時期:9月中旬 40代男性 自転車歴:ママチャリのみ】

更新日:2019年10月7日(月曜日)

いつもはママチャリで近所をぶらぶらする程度ですが、「LOVE bicycle SAITAMA」のウェブサイトを見て、ふと思い立ちました。

「サイクリングしよう!」

まずは今のママチャリで、どこまでできるか挑戦です。

今回選んだルートは「熊谷南部荒川ふれあいルート」。秩父鉄道永田駅がスタート・ゴールです。

さすがに自宅(秩父)から直接向かうのは厳しいので、隣の武川駅近くにある民間有料駐車場まで自家用車で運び、そこから永田駅まで移動しました。

start 

8時25分 秩父鉄道永田駅をスタート

出発して間もなく、最初のみどころスポット「六堰頭首工」に到着です。

六堰

水争いや洪水による堰の流出が繰り返されていた6つの堰を昭和14年に1か所に統合したもので、現在の堰は平成15年に完成したもの。壮観です。

六堰

荒川にかかる「重忠橋」を渡ります。

橋の途中には「かわ君」と「もと君」が。

かわくん もとくん

「かわ君」を見たときは、何て安直な(笑)と思ってしまいましたが、2人あわせて「かわもと(旧川本町)」だったんですね!

渡りきった先には、鎌倉時代の武将畠山重忠ゆかりの史跡公園が。

重忠 

立派な銅像。馬に襲われているわけではありません。
かの有名な「一ノ谷の戦い」の故事を再現したものだとか。 

フラットで走りやすい道を、鹿島古墳群を横目に熊谷市へ。
押切橋の下をくぐって、荒川沿いの道に入っていきます。

中流 

所々でチラチラ見える荒川は、いかにも中流といった穏やかな流れ。

堤防天端

途中からはの自転車専用道になり、爽快なひとときです。

大里では稲刈りの真最中。その先で、何となく可愛い?和田吉野川を渡ります。

和田吉野川

きょう初めての本格的な上り坂を経て、根岸家に到着。

長屋門 根岸

吉見百穴の発掘や埼玉郷土史のバイブル的存在「新編武蔵風土記稿」の刊行に携わった根岸武香ゆかりの地です。

東松山市に入り、途中からは「さいたま武蔵丘陵森林公園自転車道」に。

滑川

緩やかな長い上り坂の先で滑川町に入ります。

森林公園 

折り返し地点の国営武蔵丘陵森林公園(南口)に到着。

道の反対側には滑川町のエコミュージアムセンターがあり、町の魚で国指定天然記念物にも指定されているミヤコタナゴを見ることができます。

エコミュージアム

ちなみに、滑川町のイメージキャラクターはミヤコタナゴをモチーフにした「ターナちゃん」。かわいいですよね!

 野原

「踊るはにわ」が出土したという野原古墳群などにも立ち寄りながら、後半戦を進めます。

後半戦

埼玉県農林公園に到着。お腹が空きました!

咲楽屋

農林公園内のうどん屋「咲楽屋」さんで昼食をとることにしました。

ジャントロ

名前だけで決めた「ジャントロうどん」。とろみがついたピリ辛のつゆが美味!

直売 

農林公園なので、もちろん農産物直売所も充実。

ピーマンとナスを購入しました(^^)

ゴール 

13時20分 永田駅にゴール!

今回は比較的アップダウンの少ないルートで、ママチャリでも楽しく走ることができました。

もう少ししたら、カッコ良い自転車にステップアップしたいと思います!


TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25377