• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(県北エリア) > 夏の終わりに川沿いを走る日本一長いサイクリングロード【ルート1 走行時期:9月上旬 30代男性  ロードバイク歴:2年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

龍Q

夏の終わりに川沿いを走る日本一長いサイクリングロード【ルート1 走行時期:9月上旬 30代男性  ロードバイク歴:2年】

更新日:2019年10月7日(月曜日)

ぐるっとさいたま(通称ぐるさい)に紹介されているコースNo.1「川沿いを走る日本一長いサイクリングロード」を走ってきました。

このコースは江戸川・利根川サイクリングロードを103kmも走るロングコースです。(しかも埼玉県内のみで!東京ディスニーリゾートから渋川までの本来の全長はなんと170kmも!)

そして、その始点は丁度私が住んでいる三郷市。スタート地点まで10分という地の利を活かして是非、一度はチャレンジしたいと思っていたので丁度良い機会になりました。

start misato

msiato

さて、長距離ということでスタートは朝7時00分とちょっと早起きを頑張りました。この時間の川沿いは風も涼しく、日中は残暑厳しい9月でも気持ち良く走れます。サイクリストの他、犬の散歩やジョギングをする方で賑わっていて今日も頑張るぞーという気分になります。

りゅうきゅう 龍Q

体も暖まり丁度ペースに乗ってきた辺りで龍Q館が見えてきました。

ここは首都圏外郭放水路庄和排水機場という行政施設なのですが、「地底探検ミュージアム龍Q館」という少年心をくすぐる名前の見学施設があります。一時期、埼玉のパルテノン神殿なんて言われて話題になったところです。本日は残念ながら未だ開館時間(9時30分~)前だったため中には入れませんでしたが、初心者の方が一緒で余り長く走らない時や、暑くて疲れた時などはここを折り返しに設定して観光ライドにするのも良いかもしれません。

大凧 大凧

公園

その少し先は大凧祭りで有名な春日部市宝珠花地区です。以前あった大凧会館は今は公園になってしまっているのですが滑り台に凧があったりと面影が残っているのが面白いです。

1枚目の写真は今年の5月のものですがGWには大凧あげ祭りが行われます。開催日を狙って行くのも良いですね。屋台もたくさん出るのでお昼ご飯のスポットにもできちゃいます。

大凧公園はサイクリングロードから少し離れたところにあるのですが、実は滑り台の凧はサイクリングロードから見えるように掲げられているんです!(私も本日初めて気づきました)にくい演出です。

関宿 関宿

その後、江戸川サイクリングロードは関宿で利根川と合流します。川を渡って千葉県野田市になりますが関宿城にもサイクリングラックが置いてあるのでここで一旦休憩する方も多いようです。今日は埼玉県民として千葉には意地でも入らず(笑)もう少しだけ頑張って、栗橋の街まで走りました。ここには栗橋関所の跡があり歴史に思いを馳せることができます。三郷以来の街中なので、ここで補給などの買い物をしてゆっくり休憩するのも良いと思います。 

道の駅 未来館

未来館2 ランチ

サイクリングロードに戻り少し走ると「道の駅童謡のふる里おおとね」「加須未来館」が続けて出てきます。ここまでスタートから約70km、走行時間で4時間程になっていますので丁度お昼休憩の頃になります。道の駅にはお蕎麦屋さんが、未来館にはレストランがありますのでどちらでお昼にしても良いと思いますが、私は未来館で冷たいうどんと天丼のセット(杏仁豆腐付!)を食べました。未来館は名前の通り、科学技術や宇宙などをテーマにした展示がある、ちょっと不思議なコンセプトの施設です。子供連れのご家族がたくさんいてピチピチのサイクルジャージが目立ちますが、ラックもありサイクリストもWelcomeな施設なので堂々と休憩しましょう。

うかい 

なお、この辺りは堤防工事のために現在、迂回が必要です。案内はしっかり出ているので迷う心配はないと思いますが住宅街を何度も曲がりますので案内を見逃さないように気を付けて走りましょう。

利根大堰 グライダー

県境

お昼をとって元気を回復した後はもうひと頑張り。利根川も最早下流ではなくなり大堰が出てきたり、グライダーの滑降場で、(失礼ながら)そんな趣味もあるんだーと(自転車乗りが言うなという話ですが)下流との雰囲気の違いにきょろきょろしていると、とうとう群馬県との県境に到着です。

川沿いをのんびり走っていただけなのに「群馬まで来られた!」と達成感が湧いてきます。県を跨いで走ったと思うと感慨深いものがありますね。

群馬 新町

その後、実はまた埼玉に戻ったり(この辺は県境が入り組んでいます)、利根川の支流の神流川を走ったりしていると正真正銘県境を跨いで群馬県高崎市に。今日はそこから最寄りの新町駅に移動し、輪行(自転車を畳んで袋に入れ、電車に持ち込んで移動する方法)で帰宅しました。新町駅まで約120km、のんびり休憩をしながら走って約8時間のサイクリングでした。

高崎線はグリーン車がついているので、ちょっと贅沢をしてグリーン券を買えば、自転車があってもゆったり座って帰れるので疲れた体には助かりますね。

kodo

埼玉というと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?私も出身は他県でしたので、住むまでは「大宮や浦和は都市だから自転車乗りには走りづらい街」「それより北は秩父とか山ばっかり」なんてイメージでした。ところが、実は東側から続く川沿いは真っ平!自転車乗りに優しい所なんです。

今回のコースもゴールまでほぼアップダウンが無く(写真の通り100km以上走って100mしか登らないという驚異の平坦)距離の割には疲れにくいので、未だ余り自転車に乗り慣れていない方や初めての100km越えライドの挑戦にもお勧めです!

川沿いのサイクリングロードのためコース上はお店が少ないので、水分補給に気を付けながらしっかり休憩を取って皆さんも楽しんでください!


TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25086