• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(秩父エリア) > 秩父4ダムを回ってダムカードをコンプリート! 【ルート92 走行時期:9月上旬 30代男性 ロードバイク歴:8年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

ミューズ

秩父4ダムを回ってダムカードをコンプリート! 【ルート92 走行時期:9月上旬 30代男性 ロードバイク歴:8年】

更新日:2019年10月7日(月曜日)

皆様、はじめまして。普段は、決められた長距離のルートを自転車で走行するブルベというイベントを楽しんでいます。
そんなブルベで知り合った仲間と共に、「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」の秩父4ダムを回るルートを少しアレンジして走ってきました。

秩父地方には、

  • 合角ダム
  • 浦山ダム
  • 滝沢ダム
  • 二瀬ダム

の4つのダムがあり、すべてのダムでダムカードを配布しています。
更にすべてのダムカードを揃えると二瀬ダムのスペシャルダムカードをもらうことが出来ます。

そこで今回は、二瀬ダムを最後に回り、スペシャルダムカードも含めて、すべてのダムカードをコンプリートしようということでルートを少しアレンジしています。

スタート地点は西武秩父駅。

西武秩父駅から、秩父ミューズパークを抜けて、まずは合角ダムを目指します。

ミューズ 

豊かな自然環境に恵まれた長尾根丘陵の秩父ミューズパーク
まずは第一目的地の合角ダムへ。
合角ダムは2003年に完成した秩父4ダムの中で2番目に新しい重力式コンクリートダムで、自然調節による制限水位方式の洪水調整を行っていて、洪水期と非洪水期で異なる常用洪水吐が設けられています。
『かっかく』と読むのですが、『ごうかく』と読めるため、受験などの合格祈願に訪れる人も多いそうです。

 

合角

漣大橋からの景色

かっかく

合角ダム

合角ダム管理事務所にてダムカードをゲットしたら、一度秩父街中へ戻りお昼ご飯にします。

お昼は秩父駅東側の小高い丘の上にある『和食と豚みそ丼ちんばた』さんにて頂きます。

ちんばた 

秩父名物のわらじかつと豚みそを同時に味わえる『名物W丼』 

豚みそは炭火で焼いているので香ばしくお肉も柔らかくて、わらじカツの甘辛ソースも揚げたてカツによく合ってとってもおいしく頂きました。

お昼を頂き、後半戦ですが、秩父駅東側、国道140号線沿いにある道の駅ちちぶに寄り道をします。

ここでは、日本一おいしい水道水と言われる秩父のお水を汲める場所があります。

秩父の橋立浄水場は、荒川の支流・浦山川と橋立川から取水し、武甲山など石灰質の土壌が源流で、上流の清らかな水を微生物や砂利などを使った緩速濾過されるとのこと。また、浄水場は標高約300mと高く、市街地へ自然沈下の力で早く給水できるとのことで、そのまま飲んでも美味しいお水です。

秩父の水 

道の駅ちちぶにある『ちちぶの水』

続いては秩父の街から最も近い場所にある浦山ダムへ。
浦山ダムは1999年完成の重力式コンクリートダムで、重力式コンクリートダムとしては国内2位の高さを誇るダムです。
ダムから秩父の街中を見下ろすことができます。

浦山

浦山ダム

浦山2 

浦山ダムから見下ろす秩父の街
ちょうど今年が20周年ということで、20周年特別ダムカードも合わせて頂きました。

続いて滝沢ダムへ。
滝沢ダムは秩父4ダムでは最も新しい2008年完成の重力式コンクリートダムです。ダム直下流には2つの橋で構成される雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)というループ橋が有名です。

ループ 

有名なループ橋 雷電廿六木橋

滝沢 

滝沢ダム

最後の4つめのダムは二瀬ダム。
二瀬ダムは、秩父4ダムの中で最も古い1961年完成の重力式アーチコンクリートダムです。
今回は行きませんでしたが、二瀬ダムから10kmほど登ると関東でも有名なパワースポットである三峰神社へも行くことが出来ます。

二瀬 

二瀬ダム

ダムカード 

ダムカードコンプリート

全体を通して、適度に登りがあり、走りごたえのあるコースですが、一度の登りはそれほど長くないため、多くの人が楽しめるコースだと思います。
ダム内部の見学等も出来たりするので2日かけてまわるのも楽しいと思います。
秩父地方は色々見どころも多いので、また走ろうと思います。


TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25398