• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(秩父エリア) > 東秩父の峠挑戦ルート~巨木巡りチャレンジ~ 【ルート54 走行時期:9月上旬  50代男性 ロードバイク歴:8年 50代】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

てんじんじゃ

東秩父の峠挑戦ルート~巨木巡りチャレンジ~ 【ルート54 走行時期:9月上旬  50代男性 ロードバイク歴:8年 50代】

更新日:2019年10月3日(木曜日)

【プロフィール】

ロードバイク歴8年の川越市民。越生、ときがわ、東秩父村、小川町は川越から近く自然も豊かなので毎週のように自転車で訪れます。

でもガチで走るのではなく、巨木や自然を求めてマッタリ走るのが好き。雨の日は家でサイクルキャップやレザークラフトなど物作りしています。


「54.東秩父の峠挑戦ルート」を回ってきました。

全長38kmだけど獲得標高が約800mのヒルクライマーコース。

でもタイムトライアルはしませんよ。峠に挑戦せずにユックリ疲れない程度に登りました。

私のライフワークである巨木巡りが主体です。

東秩父の峠挑戦ルートの11号線脇には良い巨木があるので紹介します。

白山 白山2 

小川町駅近くの11号線から見えるところにある白山神社。ここの大カシは 樹齢700年、幹周5.3m の古木です。

中身ががらんどうになりながらも力強く生きています。ちょっと挟まってみました。

はちまん

11号線から奥まった小高い丘の上にある八幡神社に大ケヤキ(幹周4.99m)があります。

ヒルクライムの準備運動にいいかも。

ここの大ケヤキは町の天然記念物に指定されていて、この木が地下から水を吸い上げるため、この地の井戸はどんな日照りでも水がかれることがないと言われている有難い巨木です。

今は水道なので役割は終わったかもしれませんね。

あなはちまん あなはちまん2

八幡神社の近くに穴八幡古墳があります。

小川の盆地を見渡せる小高い丘に穴八幡古墳があり、埼玉県内でも最大級の規模を持つ方墳で横穴式石室の石は下里の採石場から運ばれたそうです。

昔の人は力持ちだったのかな?

その古墳の上に鎮座する木(杉?)がまた良いんですよ。

てんじんじゃ てんじんじゃ

東秩父郵便局、和菓子の小松屋さん本店の裏にある天神社。そこの杉のスリートップが最高なんです。

どうですか?雄大さを感じませんか? 男前でしょ。

一番大きい杉は幹周6.5mもあります。

じょうれんじ じょうれんじ2

東秩父農産物直売所の隣にある浄蓮寺さんの杉も見事です。2本の杉が1つになった合体木。近づけて植えると一本になっちゃうんです。

そういえば、なぜか浄蓮寺さんにバイクラックがありました。
巨木マニア・サイクリストがそんなに多いのだろうか? 謎です。

じんまんぼく

11号線を走っていると誰かに見られている気配がして...
いつも不思議だったんですよね。
振り返ったら
...人面木でした。
ぜひ、見つけてみてください。

さかもとのえのき

11号線沿いにあるエノキです。幹周は3.86mとそんなに太くはないのですが全体の形がいいんです。

個人宅のお庭にあるので勝手には近づけませんが歩道からも立派な勇姿を見ることができますよ。

さわむこう

二本木峠の入り口付近にある沢向の大ケヤキ。グラウンドのような所の脇道を入っていきます。
幹周6.2mと大きいのですが小高い森の中にあり、蜘蛛がウジャウジャいるので近寄ることができません。
とても残念です。
周りの草とかを刈り取って整備すれば巨木サイクリストがもっと集まるんだけどなぁ。

さて、ここからはしばらく巨木とお別れしてヒルクライムを楽しみましょうか。
まずは定峰峠の攻略です。
定峰峠は平均勾配5%、全長約5Kmで初心者から上級者まで楽しめる坂です。
頑張れば良いトレーニングになるし、のんびり走れば疲れずに登って満足することができます。

実は二本木峠入り口から白石バス停までのダラダラした坂が一番キツイんじゃないかと思っています。
白石バス停まで来ることができたならば定峰峠は楽勝ですよ。

苔

一時、マスコミに取り上げられて落書きが増えてしまい惨憺たる状態になりましたが今は落ち着いているようです。

落書きは新たに生えた苔によって消えつつあります。
自然が消してくれているようです。
ちょっと残念と思っていたら中腹あたりに新たな苔アートが誕生しました。

こちらはクオリティが高く一見の価値がありますょ。

苔2 さだみね

電線に止まっている鳥が分かるかなかなぁ??

数少ない絶景ポイントの中で一番の絶景はここ。
廃棄物置き場の入り口の柵のところです。定峰峠や白石峠は絶景ポイントが少ないのが残念なのです。ここのポイントは外せませんよ。

つきかわ

定峰峠から白石峠に登る途中に「槻川源流の森」の看板がありました。ここまで槻川沿いを走ってきましたが、この森の奥に源流があるようです。

槻川の最初の一滴を見てみたい。
そんな衝動にかられましたがこんなに草ぼうぼうじゃ入れないですね。
SPD-SLだし。

どうだいら どうだいら2

堂平3

白石峠に着いたら迷わず堂平山を目指します。
なぜかって?
白石峠は峠の交差点って感じで何にも無いんだもん。
頑張って堂平山まで行ってヤッホー!しましょう。ハンググライダーも気持ちよさそうです。

そうそう堂平山の山バッジを売っていました。ハイカー用かもしれませんが(^^;;
白石 白石2

白石峠のダウンヒルは慎重に下りましょうね。

ここは車、バイク、自転車の通りが多く、また道幅が一定ではないので慎重に進まないと危険です。ダウンヒル中に気になる木々を見つけましたが止まるときは後方からの自転車に十分注意しないといけません。

登りはヒィーヒィー言って周りを見る余裕はないし、下りは車に注意しているので周りの木々を見ることはありませんが意外と自然豊かでいい木がいっぱいありそうです。 

ルートにはありませんが七重の山桜を目指しましょうか。
真夏に桜?
良いんです。巨木があれば。

ななえ ななえ2

途中、七重川の砂防ダムを通りますがここは涼しくて避暑にぴったりの場所。こういう自然が多いのが魅力ですね。七重の山桜は県内最大級の山桜でねじれた幹が面白いんです。

今は修復中のため根元にブルーシートがかけられているのが残念です。花が咲くころにまた来てみます。

さてさて、ここまで何本の木々を巡ったのか分からなくなってしましましたが、自転車コースというよりも巨木巡りになってしましました。

小川町、ときがわ町、東秩父村あたりは沢山の自然に囲まれて、かつ、人の暮らしがうまく調和しており大好きな町です。走り屋さんも満足できるコースだと思いますが、のんびり自然を楽しみながら走るのも良いもんです。

では。

TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/30686