トップ > 大会概要 > 埼玉県で開催される競技と会場 > バスケットボール(さいたまスーパーアリーナ)

ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

 バスケットボール(さいたまスーパーアリーナ)

バスケットボール(オリンピック)

1チーム5人の選手が、高さ305cmのリングにボールを投げ込み、得点を競うバスケットボールは、とにかく試合展開がスピーディー。チーム全員が攻撃にも守備にも参加するため、攻守の切り替えも早く、スリリングな展開が魅力です。

注目はアメリカ代表チーム。プロバスケットボールリーグの世界最高峰、米国のNBAとWNBAのトップ選手で編成され、男子は3大会連続、女子は6大会連続で金メダルを獲得しています。

日本代表は、男女ともに東京2020大会の開催国枠での出場を決めています。

バスケットボールについて詳しくはこちら

さいたまスーパーアリーナ

さいたま新都心駅に隣接する国内最大級のアリーナです。6,000人収容のホールモードから、最大37,000人収容のスタジアムモードまで、イベントの規模や内容に応じた空間を作り出す「ムービングブロック」が特徴です。

2018年からは、全日本バスケットボール選手権大会のファイナルラウンドの会場としても使われ、「バスケットボールの聖地」となりつつあります。東京2020大会では、バスケットボール種目の全試合が、当会場で実施されます。

さいたまスーパーアリーナについて詳しくはこちら

競技スケジュール