トップ > ボランティア・おもてなし > 環境美化

ここから本文です。

更新日:2020年3月5日

環境美化

埼玉県では、きれいな街でお客様をお迎えし、美しい花で心を癒やす環境美化のおもてなしを進めています。様々なイベントで清掃活動を実施したり、競技会場周辺を花で飾るなど、幅広い世代が楽しみながら参加できる「清掃」、「飾花」、「暑さ対策」の取組を推進していきます。

清掃

スポーツイベント等において、観客が会場を一斉清掃する「クリーンタイム」やスポーツ・健康づくりを兼ねた清掃イベントを実施します。

埼玉で開催!スポGOMI大会~ゴミ拾いはスポーツだ~

rogo「スポGOMI」とは、スポーツ感覚でゴミを拾い、拾ったゴミの質と量で競い合うチーム対抗のイベントです。

県では環境美化活動とスポーツや健康づくりを結びつけた取組を推進しています。そのシンボルイベントとして、スポGOMI大会を実施しています。

実施結果

クリーンタイム

スポーツイベント等の終了前に観客や選手が会場内の一斉清掃を行うクリーンタイムの取組が県内で広がっています。

cleantime2

令和元年度は、中学校体育連盟と高等学校体育連盟で実施し、延べ135競技、約194,600人が参加しました。

  • 中学校体育連盟
    ・学校総合体育大会(県大会):18競技(約17,000人)
    ・新人体育大会(県大会):18競技(約17,000人)
     [実施競技]
      陸上、体操、新体操、水泳、バスケットボール、バレーボール、サッカー、軟式野球、ソフトボール、ソフトテニス、卓球、柔道、剣道、相撲、ハンドボール、バドミントン、ラグビー、テニス
  • 高等学校体育連盟
    ・関東高等学校体育大会県予選:27競技(約40,000人)
    [実施競技]バスケットボール、サッカー、ソフトテニス、卓球、ラグビー、ボート、柔道、剣道、体操、相撲、バレーボール、ソフトボール、バドミントン、自転車、ハンドボール、弓道、テニス、レスリング、ボクシング、フェンシング、ウエイトリフティング、ホッケー、空手道、アーチェリー、なぎなた、少林寺拳法、ライフル射撃
    ・学校総合体育大会県予選:34競技(約60,000人)
    [実施競技]陸上、バスケットボール、サッカー、ソフトテニス、卓球、ボート、柔道、剣道、体操、水泳、相撲、バレーボール、ソフトボール、バドミントン、自転車、ハンドボール、弓道、テニス、登山、レスリング、ボクシング、フェンシング、ウエイトリフティング、ホッケー、馬術、空手道、アーチェリー、カヌー、なぎなた、少林寺拳法、ダンス、ライフル射撃、駅伝、ラグビー
    ・新人大会:19競技(約60,000人)
    [実施競技]陸上、ソフトテニス、ボート、柔道、体操、水泳、ソフトボール、バドミントン、自転車、ハンドボール、弓道、テニス、レスリング、ウエイトリフティング、空手道、アーチェリー、カヌー、なぎなた、ライフル射撃
    ・定時制通信制総合体育大会:9競技(約300人)
     [実施競技]陸上、軟式野球、卓球、柔道、剣道、バレーボール、サッカー、バスケットボール、バドミントン
    ・県民総合体育大会(定時制通信制部):10競技(約300人)
    [実施競技]陸上、軟式野球、ソフトテニス、卓球、柔道、剣道、バレーボ―ル、サッカー、バスケットボール、バドミントン

ごみゼロ運動

毎年5月30日(ごみゼロの日)前後に、各市町村で一斉清掃を地元自治会等と協力して実施しています。令和元年度は56市町村で実施しました。

飾花

夏に咲く育てやすい花々で、会場周辺や沿道を飾り、本県を訪れる人々の目を楽しませます。

競技会場までの周辺における飾花

川越飾花

  • 「花による市内の装飾」【川越市】

大会期間中、川越市産の花々で川越駅、笠幡駅周辺を飾り付ける

  • 「狭山流おもてなし事業」【狭山市】

狭山市駅、稲荷山公園駅周辺にて夏に強い花を使用し、デザインするフラワーアートを設置する予定

  • 「花と緑のまちづくり事業」【朝霞市】

大会に向け朝霞駅南口広場、朝霞台駅南口広場、北朝霞駅東口広場の既設植栽の灌水、補修を実施

  • 「市協働事業による飾花」【和光市】

地元市民団体の協力により市内小・中・高校の育てた花を和光市駅ロータリーに飾る

花いっぱい運動

地域で公共花壇の世話等の美化活動を行っている団体に対し、花苗の提供や財政的支援を行っています。令和元年度は40市町村で実施しています。

暑さ対策

打ち水や団扇等の伝統的な「和」による涼を提供したり、競技会場や最寄り駅周辺に日除けテントやミストを設置したりし、熱中症予防を図ります。

和による暑さ対策

参加者が一斉に水を撒くイベントを開催し、夏の暑さを緩和する日本人の伝統的な知恵である「打ち水」の普及促進を図ります。

  • 「打ち水大作戦」【県温暖化対策課・さいたま市・熊谷市】
  • 「東京2020大会開催1年前イベントにおける打ち水」【朝霞市】

各競技会場周辺の取組

炎天下における直射日光や路面温度の上昇を抑制するための整備を行います。

  • 「狭山流おもてなし事業(クールスポットの設置)」【狭山市】
  • 「けやき広場ミスト拡張」【県都市整備政策課】
  • 「遮熱性塗料塗布・ミストシャワー施設設置」【県公園スタジアム課】

まちのクールオアシス

県内企業や県内の公共施設に、外出時の一時休息所の設置や、熱中症についての情報発信拠点として協力いただいています。令和元年度には、7,816施設にご協力いただいています。協力施設はこちらをご確認ください。

環境美化実施計画  

埼玉県内の環境美化に関する取組については、2017年度(平成29年度)に検討を行い、2018年(平成30年)3月に「環境美化実施計画」として定めました。